キャッチアップで知識を高める

キャッチアップ(catch-up)

自分自身が置かれている環境が変わった際(例えば転職で職場が変わったの等)なかなかその環境に慣れることは大変だと思います。そういった状況の中で、少しでも早く慣れるために、環境を知るための努力をしたことがある方もいるのではないかと思います。そういった行動を「キャッチアップ」と言います。この言葉の意味や由来、使い方解説をしていきたいと思います。

キャッチアップの意味とは

キャッチアップ(catch up)の正しい意味は、「追いかける・追いつく」になります。原語としてはこの意味合いになり、世間一般で使われている内容としても、この捉え方が大半だと思いますが、中には専門用語としてニュアンスのことなる捉え方もあるので、注意が必要です。

キャッチアップの由来

キャッチアップという言葉自体は、読んで字のごとくで「catch」と「up」の2つの英単語の組み合わせからできています。ただ、「catch」の語源はノルマンフランス語の「Cachier=馬を追う・狩る」という単語に由来していると言われています。

キャッチアップの文章・例文

例文1.病気で仕事を休んでいたので、遅れた分をキャッチアップしないといけない
例文2.転職して新しい会社の環境になれないから、早くキャッチアップしたい
例文3.会社で優秀な成績を収めた先輩に早くキャッチアップしたい
例文4.いち早くキャッチアップをするために、頑張りたいと考えている
例文5.このくらいのことにキャッチアップできないようでは、到底仕事は任せられない
例文のように、ビジネス関連の中で使用されることが多いかと思います。さらにその中でも、転職や部署異動で環境が変わった際に使われることが多いのではないのでしょうか。またビジネスマンは常にスキルも教養も高める事が求められますから、キャッチアップする意識は忘れない様にしたいところです。

キャッチアップの会話例

  • 質問者アイコン

    新年度にあたり、このプランに
    新しい人員を補充したいと思うんだが…

  • 回答者アイコン

    業務の回転率が早いことが見込まれますので
    キャッチアップが良い方がいいですね

  • 質問者アイコン

    キャッチアップの良い奴か…
    受け答えがはっきりしているこの方はどうかな?

  • 回答者アイコン

    履歴も申し分ないですし
    この方にいたしましょう

基本的にキャッチアップの良い方は人柄的に重宝されることが多いので、どんどん目指していきたいですね。

キャッチアップの類義語

キャッチアップという言葉に類するものとしては、「追尾」や「猛追」「追走」といったような「追」という言葉が入っているものが挙げられるかと思います。またビジネス的な観点では高める事を「キャッチアップ」するというニュアンスですが、より良くする・精査していくの様なニュアンスでは「ブラッシュアップ」が挙げられます。

キャッチアップまとめ

最初の方で記述したように、この言葉は業界によって使う際の意味合いが変わってくるので、使い方に注意が必要です。サラリーマン等の一般企業にお勤めの方であれば、その使用の意味合いは変わらないかと思います。経済用語やIT用語、医療用語の中で使うような「キャッチアップ」はそれぞれ意味合いが異なります。それぞれの業界で使用される際の意味を把握しておいて、使い方を分けられるようにできるとベストですね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事