キャッシング

消費者金融などのイメージがすっかり定着し、日本ではあまり良い印象が抱かれていないのが「キャッシング」です。ローンなどと同じ意味合いで使われますが、住宅ローンやマイカーローンは悪い印象がなくても、キャッシングと聞くと偏見が少し生じる事からも、ローン=キャッシングではない垣根が存在しています。

しかし、ローン業者となるとまた状況は違い、これはキャッシングと同じイメージがあります。キャッシング業者とローン業者は消費者金融を想像でき、対して住宅ローンなどは銀行ローンと結びつけます。
銀行からお金を借りられる人は社会的信用がありその立場だが、しかしキャッシングやローンは社会的信用がないと決めつける背景が存在します。
”ローン”自体はお金を必要とする人に融資する事で、キャッシングもまったく同じ意味なのにも関わらず、前後に付く言葉でここまでイメージが変わるのは、珍しいケースではないでしょうか?

キャッシングの意味とは

ローン(loan)は、貸し付けや借り付けの意味で、お金を必要な人に貸す行為となります。消費者金融ではこの行為をローンとして、さらに小額で個人向けとなるのが「キャッシング」となります。
最近では、「キャッシング」はクレジットカードに最初から備わっているので、ATMから簡単に借りる事ができます。また、ネットキャッシングだとスマホやPCで業者ホームページから、手続きする事で自分の口座に入金する事ができます。

キャッシングがより便利で簡単になっているので、ローンよりも言葉として最近は普及している感も否めません。しかし、ローンでもコンビニATMやネットキャッシングができるものがあります。この違いは一体何なのでしょうか?
端的に言うと、キャッシングは少額融資で借りるのが簡単となり、ローンは審査が厳しくなります。ですから、キャッシングは学生やアルバイト、主婦でも可能ですが、ローンはサラリーマンなどがマイホーム購入というイメージがあります。
しかし、そこにキャッシングと同じ様なカードローンもあるので、状況は複雑になります。一応は、消費者金融がキャッシングで、カードローンは銀行系となっていますが、最近は大手銀行が消費者金融業界に参入し、同じ様なサービスを展開しています。よって、明確な違いがなくなっているのが実情です。

キャッシングの由来

今でこそ、キャッシングとカードローンに明確な違いがないですが、以前は貸金業法によって明確な違いがありました。キャッシングが翌月一括返済が原則なのに対し、カードローンは毎月分割返済とする。

しかし、平成18年に貸金業法が闇金業者やグレーゾーン金利に対抗する為に改正され、悪質業者は根絶されましたが、キャッシングとカードローンは曖昧になりました。消費者金融はイメージ悪化となり、キャッシングもさらに悪化したのですが、結局は大手銀行が参入し人気芸能人のCMや時代の変化、ネットでの簡単利用も後押しし、キャッシングもカードローンも現在のように自然と定着しています。冷静に考えると、悪いイメージもありますが、それでも社会に溶け込み順応しています。

キャッシングの文章・例文

例文1.キャッシングが容易になる事は社会問題である
例文2.カードローンとキャッシングに大きな違いはない
例文3.キャッシングは計画的に利用するべき
例文4.キャッシングは若い世代でも抵抗感がない
例文5.コンビニATMからキャッシングを利用できる
キャッシングの使われ方としては、便利さを強調するものと、簡単に借りられる制度などを問題視するものの半々程度と言った感じです。ネットでも、ブログなどは肯定派ですが、新聞や雑誌などは問題視や批判めいたものになります。

キャッシングの類義語

キャッシングの類義語として、「フリーローン」「後払い」「無担保融資」などの言葉が挙げられます。

キャッシングまとめ

キャッシングは便利で簡単にお金を借りられるシステムですが、社会的には問題が多く、議論の対象となるのも事実です。また、カードローンと明確な違いがなく混乱して覚えている人も多いでしょう。
一応はサービス内容などに違いもありますが、それを気にして利用する人は少数派です。多少の金利高さより、即日融資やアルバイトなど職業が不安定でも借りられるのが最大のメリットではないでしょうか。

この記事を読んでいる人に人気の記事