ガーデニング(Gardening)

「ガーデニング」とは「自宅庭やベランダで植物を育て成長を楽しむ趣味的な園芸」です。植物を育てるのはペットを飼うのに似ているところがあり、大切に育て成長する姿を見ると心が穏やかになり幸せになるのです。コロナ禍となった昨今は尚更「ガーデニング」が注目され、特に都会などで生活をする女性などが新しく始めるようになっています。

[adstext]
[ads]

ガーデニングの意味とは

「ガーデニング」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると園芸・庭いじり・庭造り・家庭園芸など。
(2)個人の趣味として、自宅庭やベランダなどに植木や花壇を作ったり、柵などを設けて花や植物の成長を見守り楽しむ趣味。
「ガーデニング」は大変歴史が古く、どこまで遡るかは意見が分かれるところがあります。日本で本格的にブームとなったのは1990年代後半ですが、それ以前から特にマイホームで生活を送る主婦などには「園芸」や「庭いじり」として長年定着してきました。当時は「ガーデンニング」とは呼ばれず、庭に植物を植えて成長を見守るのは趣味の一つであり自然的な行為として大勢が楽しんでいました。しかし、1997年頃に突如イギリス式の「イングリッシュ ガーデニングブーム」が巻き起こり、庭を本格的にオシャレな花々で埋め尽くすのが日本でも持て囃され出したのです。園芸雑誌も各種発売され、裕福で余裕な生活を送る人達は「ガーデニング」の色取り取りな植物を眺め紅茶を飲むのがステータスとなったのです。その後ブームは過ぎ去ったのですが、本格的なコロナ禍となった2020年以降からおうち時間が増え出すと、サステナブルも影響して再び「ガーデニング」の需要が高まり始めました。90年代との違いとしては、かつてはマイホームの自宅庭を全て植物で埋め尽くす勢いでしたが、今度は癒しを求める傾向から小規模でDIYも絡めて若い人達も増えています。イギリスやフランスなど欧州の「本格ガーデニング」と比較すると、日本の「ガーデニング」は規模も小さく庭いじり・ベランダ花壇といった感は否めませんが、それでも日本らしい小さな箱庭として定着をしてきています。

ガーデニングの由来

「ガーデニング」の歴史は紀元前3000年の古代エジプトなどが発祥とされ、中世になると欧州の裕福な貴族などが自宅庭園を植物で覆うようになりました。諸説ありますがイスラム庭園やペルシャ庭園を真似したとされ、その後近代になるとイギリスやフランスの富裕層が富の象徴として、自宅を豪華にする一環として芝生や植物を植えて権力を振るうのに役立ったとされています。

ガーデニングの文章・例文

例文1.職場ではハブられ誰とも会話をしないので、休日になるとガーデニング中は植物に話しかけ安らぎを得る。
例文2.イギリスではガーデニングをする人は多いが、飽く迄も生活に余裕があるミドル層の大人の趣味であり誰もが嗜むほど気軽なものではない。
例文3.スイーツ店巡りに料理にガーデニングと女性ウケをする趣味はプロレベルだが、顔と性格が圧倒的に悪いので不倫芸能人よりも女性支持率は低く我ながら情けない。
例文4.ご近所トラブルに巻き込まれ、夜な夜な我が家の自慢のガーデニングは誰かに荒らされ放題だが、それでもへこたれずに整備をし続けどちらの根気が強いのか我慢比べをしている。
例文5.これまでの経験から見事なガーデニングになるほど、住んでいる人もオシャレで洋服も凝っているが、その心の奥底には狂気のような魂が宿り時にはヒステリーから丹精込めて育てた美しい花々をその手で毟り取るのだから、不気味としか言いようがない。
「ガーデニング」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ガーデニングの会話例

  • 質問者アイコン

    ちょっと気分転換も兼ねて観葉植物でも育てようか?

  • 回答者アイコン

    それならガーデニングを始めてみない。前から興味があったのよ。

  • 質問者アイコン

    それもいいね。今の時代殺伐としているから、心の安らぎにはガーデニングが必要だよね。

  • 回答者アイコン

    そうそう。私達は短気だから、ガーデニングをして少しは心を落ち着かせないとね。

これから「ガーデニング」を始めようとする夫婦の会話となります。

ガーデニングの類義語

「ガーデニング」の類義語には、「土いじり」「庭仕事」「造園」「家庭菜園」などの言葉が挙げられます。

ガーデニングまとめ

「ガーデニング」は1990年代後半から流行った自宅庭やベランダなどで植物を育てる趣味的な園芸です。コロナ禍となりおうち時間が増えた事で現在は再び「ガーデニング人気」が盛り上がり、特に女性の間で日々の憩いや癒しとして草花を育てる人が増えています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事