ガントチャート(Gantt Chart)

「ガントチャート」とは、スケジュールや進捗、工程の管理などを行う際に用いられる帯状のグラフのことです。よく工事のスケジュールや進捗などを管理する際に用いられているイメージですが、人員管理や工程管理など、様々な場面で使われています。それでは今回は、「ガントチャート」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

ガントチャートの意味とは

ガントチャートとは、“タスクの管理”、“スケジュール管理”、“プロジェクト管理”、“工程管理”などといった人員や工程の管理に用いられる、作業の進捗を管理する表のことです。手帳やスマートフォンのアプリにも、ガントチャートのようなスケジュールを組むものがあるので、実際に身近に使われることもあるのではないでしょうか。個人で使う場合には、スケジュールの詳細まで細かく設定することができ、作業現場のスケジュールやシフト表などで使う場合は、誰が見ても簡潔で見やすく、工程のイメージもしやすいといったメリットがあるのがガントチャートの特徴になります。

ガントチャートの由来

アメリカの機械工学者であり経営コンサルタントである“ヘンリー・ガント”の考案により、プロジェクト管理を行う際に、各段階に作業単位を細分化して展開された“ガントチャート”ができました。

ガントチャートの文章・例文

例文1.工事のスケジュールをガントチャートを用いて作成する。
例文2.アルバイトのシフト管理はガントチャートによって行われる。
例文3.毎週行われるミーティングではいつもガントチャートをもとに進行されている。
例文4.ガントチャートでプロジェクト管理を行う。
例文5.最近ではガントチャートを作成するためのツールも多くある。
ガントチャートは、人員や工程の管理を行う際に使います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ガントチャートの会話例

  • 質問者アイコン

    今回の作業の工程表を見てください。

  • 回答者アイコン

    作業分担などとても細かく分けられていて見やすいですね。

  • 質問者アイコン

    ガントチャートを使って作成しているので、誰が見てもわかりやすいと思います。

  • 回答者アイコン

    確かにとてもわかりやすいです。

仕事の工程管理でガントチャートを用いられていて、誰が見てもわかりやすいようになっています。

ガントチャートの類義語

「ガントチャート」の関連語として、「WBS(作業分解図)」、「アローダイアグラム」などがあります。

ガントチャートまとめ

「ガントチャート」とは、スケジュールや、作業の進捗を確認する際に用いられる表のことでした。一般的に工事などの分担表や日程を管理するのに用いられていることが多い印象ですが、その他でもアルバイトのシフト管理など様々な場面で使われます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事