カーストの縮図

カースト(caste)

日本社会でも身分の違いというものが存在しています。もちろん、昔のように奴隷といったようなものはありませんが、現代では例えば会社の役職の違いなどがそれにあたるでしょう。また、海外には「カースト」制度のような日本よりも露骨な身分の違いを表すものが存在してきました。そこで、「カースト」について解説をしたいと思います。

カーストの意味

カーストというのは、ヒンドウー教における身分制度のことを表しています。言語はポルトガル語と英語で、同じ使い方をします。ただし、カーストという使い方は昔のもので、現在は「ヴァルナとジャーティ」と呼びます。ちなみにインドにおいては、ヒンドウー教以外でもカーストのような身分の違いを指す考え方が存在しているようです。
カーストの一般的な分類に当たるヴァルナの中には、序列として上から、
1.ブラフミン=神聖な職や儀式が行える役職で、司祭とも呼ばれます。
2.クシャトリヤ=王族や戦士がこれにあたります。
3.ヴァイシャ=一般市民がこれにあたります。
4.シュードラ=時代の変遷によって多少の違いはありますが、労働者に当たる階級です。

カーストの由来

カーストという言葉は、ポルトガル語で「血統」を意味する「casta」からきていて、さらにこの言葉はラテン語の「castus」からきています。この言葉の意味は、純粋なものや混ざってはならないものという意味があります。

カーストの文章・例文

例文1.昔はカーストいう制度が存在していた
例文2.身分の違いを表す制度をカーストと呼んだ
例文3.昔はカーストと呼び、今はヴァルナとジャーティと呼ぶ
例文4.カーストのような考え方には反対だ
例文5.日本の会社の縮図もカーストようだ
カーストというとマイナスな印象はありますが、身分や階級の違いを表しているだけで、現代と大差はないでしょう。

カーストの会話例

  • 質問者アイコン

    会社での階級の様相って、まるで昔のカーストのようだよね。

  • 回答者アイコン

    確かにちょっと近いかも。
    でもちょっと違うよね。

  • 質問者アイコン

    確かに。僕が新卒で会社に入った頃とは違うかも。

  • 回答者アイコン

    働き方とかもだいぶ変わってきたからね。

現代日本では働き方改革の影響などで経営陣との距離の近さや、意見が通りやすくなったことからカーストのようなイメージとはだいぶ変わってきている傾向にあります。

カーストの類義語

カーストに近い意味やニュアンスを持っている言葉としては、「奴隷制度」や「ヒエラルキー」が挙げられるでしょう。

カーストまとめ

カーストに関してまとめてきました。多少言葉のイメージが変わったのではないでしょうか。正しく言葉の意味を理解して、活用してください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事