カリスマ性がある

カリスマ(Charisma)

どんな分野においても、ひときわ目を引くような人物というものが存在しています。そうした人物は「カリスマ」性があり、特に中心人物なるような可能性を秘めています。ではこの「カリスマ」というのはどういう意味を秘めている言葉なのかを解説していきたいと思います。

カリスマの意味

カリスマというのは、ドイツ語で預言者や英雄といったものに例えられる人物に見られる、超自然的もしくは常人を超えるような才能や資質を秘めている人物のことを指します。この資質を持っているような人物による支配を、ドイツの社会学者であるマックス・ウェーバーはカリスマ的支配と呼称し、支配の三類型の1つとしました。
これは様々なジャンルで見られるもので、例えば野球などの集団スポーツにおける優秀な司令塔となる人物、学校でのとりまとめのうまいクラス委員といったように、日常の中でもカリスマ性を感じるような人物というのは存在しています。

カリスマの由来

カリスマというのは、元々はキリスト教の用語になります。新約聖書において「神からの天与の賜物」という意味の言葉で知られています。現代で使うようなカリスマの意味とほとんど大差はないですね。

カリスマの文章・例文

例文1.なんてカリスマ性のある選手なんだろう
例文2.うちのクラスのクラス委員はカリスマ性がある
例文3.この物語の敵役は悪のカリスマと言える存在だ
例文4.今話題のカリスマモデルが表紙を飾っている
例文5.カリスマ的存在にどうしたらなれるだろうか
すごくわかりやすい表現をするなら、周りの大多数から憧れられたり人気を集めやすい存在がカリスマと言えるでしょう。

カリスマの会話例

  • 質問者アイコン

    あ、このテレビに出ている子って、今人気のカリスマモデルだよね?

  • 回答者アイコン

    ほんとだ!
    この子の人気が今すごくて、ファッションとか髪型とかみんな真似してるんだよ!

  • 質問者アイコン

    確かに最近同じようなファッションをよく見かけるよ!

  • 回答者アイコン

    まさしくカリスマだよね!

モデルや俳優といった芸能関係者に対してもこのようにカリスマという言葉が使われます。

カリスマの類義語

カリスマという言葉に近い意味を持つ言葉としては、「人気者」や「天才」や「魅力的」といったような言葉をあげることができます。

カリスマまとめ

カリスマという言葉の意味に関して理解していただけたでしょうか。一般的に知られている言葉の使い方と大差はないと思います。言葉の出所や使い方など改めて確認するため活用してください。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事