カヌレ(cannelé de Bordeaux)

「カヌレ」とは「見た目が可愛く食感もクセになると、女子高生達の間でトレンドになっているフランス伝統の焼菓子」です。昔から日本ではフランス人気が高かったのですが、最近は韓国人気に押されていたのは否めません。しかし、「カヌレ」が人気となっている事からもジワジワとフランスブームが始まりつつあります。来年の今頃はフランスが大トレンドになって、渋谷や原宿にはトリコロールのファッションやお店が溢れているかも知れませんね。

[adstext]
[ads]

カヌレの意味とは

「カヌレ」の意味は以下の通りとなります。
(1)フランス発祥の伝統的な焼菓子で、見た目の可愛さと外はカリッとして中は柔らかい独特の食感が大人だけでなくZ世代の女子高生達の間で人気となり大バズリしている。
(2)外側と内側の食感違いが女子高生のトレンドになっている現在大人気のフランス発洋菓子で、ショコラや抹茶などのフレーバーが用意された進化形が特に注目されている。
「カヌレ」は正式名称「カヌレ・ド・ボルドー」(cannelé de Bordeaux)で、南西部ボルドー地方の伝統焼菓子です。牛乳・ラム酒・砂糖・薄力粉といった洋菓子の基本的な材料を使ってオーブンで焼き上げ、外はカリッとして中は柔らかいのが最大の特徴ですが、現在の「カヌレブーム」は伝統的な手法を日本流に独自アレンジさせたもので、その見た目の可愛さがZ世代などの女子高生達に大バズリしています。例えばショコラや抹茶などのフレーバーを用意したり、一口サイズにしてバニラなどの風味を強くするなどそれぞれの洋菓子店が個性を発揮し、様々な「カヌレ」が乱立するほどのブームになっています。その結果、「2022年春!高校生最新トレンドランキング」の「今流行っている食べ物は?」で6位になり、昨今の韓国スイーツが流行っている中でフランス洋菓子としては異例の支持を集めています。

カヌレの由来

「カヌレ」はフランス・ボルドー地方で、フランス革命前に誕生したとされる伝統的な焼菓子です。現在のZ世代を中心に盛り上がっている「カヌレブーム」は実は二度目で、最初は1990年代後半に東京などの都会を中心に大人の女性達の間で流行りました。

カヌレの文章・例文

例文1.食後にカヌレがあると知ってテンションが爆上がりして、早くも涎が出そうだ。
例文2.娘の入学祝にカヌレを買って自宅に帰ったが、韓国好きなのをすっかり忘れていたので「トゥンカロンの方が良かった」とガッカリされてしまった。
例文3.近所の洋菓子店は人気スイーツを直ぐに取り入れて販売するので、カヌレから台湾カステラマリトッツォなど何でも手に入り大変便利だ。
例文4.糖尿病の弟と一緒にカヌレを食べてひと息いれた。
例文5.初デートのカフェで食べたカヌレの味と、その後に起こした交通事故は一生の思い出だ。
様々な「カヌレ」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

カヌレの会話例

  • 質問者アイコン

    昨日初めてカヌレを食べたけど、やばかったわ!

  • 回答者アイコン

    でしょう! カヌレはマジでヤバイって!

  • 質問者アイコン

    外はカリッとして、中は柔らかいって最高の組み合わせじゃん。カヌレを教えてくれたダチにマジで感謝なんだわ!

  • 回答者アイコン

    話を聞いていたら、私も食べたくなった。今からあんたのバイクを飛ばしてカヌレを食べに行くべ!

地方在住の若者が「カヌレ」に興奮するという内容です。

カヌレの類義語

「カヌレ」の類義語には、同様のトレンドスイーツとして「トゥンカロン」「オーダーケーキ」「マリトッツォ」「台湾カステラ」などの言葉が挙げられます。

カヌレまとめ

「カヌレ」はZ世代の女子高生達の間で流行っているフランスの伝統的な焼菓子です。外側はカリッとして中は柔らかく一口サイズのような見た目の可愛さなどが絶妙で、それらが女子高生には大バズリでSNSには投稿された様々な画像が溢れています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事