カスハラはやめて

カスハラ(かすはら)

世の中には様々なハラスメント行為があるのをご存知でしょうか?代表的なハラスメントだと、「セクシャルハラスメント」や「パワーハラスメント」といった行為があります。最近では「カスタマーハラスメント」いわゆる「カスハラ」が有名である。このカスハラが最近では行政にも飛び火しているということで、これを「行政カスハラ」とも呼んでいる。ではこのカスハラとはそもそもどういうことを指しているのかについて、解説をしていきたいと思います。

カスハラの意味

カスハラとは正式名称「カスタマーハラスメント(customer harassment)」のことです。これはお店や会社に対して、顧客が必要以上のクレームや嫌がらせによって、売り上げや営業そのものに対して著しく損失を与える行為のことを指しています。怒鳴る、暴力を振るう、脅迫まがいの行為、居座る、精神的な苦痛を与えるといった行為全てがカスハラの対象となります。実際にはショップやコールセンターや市役所などが被害に遭っているケースが多いようです。

カスハラの由来

実際にカスハラという言葉で呼ばれるようになったのはごく最近のことですが、もともとクレームというものは様々な業態の中で発生していたものです。それが現代のハラスメント行為になぞらえて、カスハラと呼ばれるようになったのでしょう。

カスハラの文章・例文

例文1.カスハラとはカスタマーハラスメントの略らしい
例文2.カスハラはれっきとしたハラスメント行為にあたる
例文3.お店への過度なクレームはカスハラにあたる
例文4.カスハラによってお店は多少なり損害を被っている
例文5.今日のカスハラ対応は大変だった
実際に、カスハラ対応は相当な神経を削ってしまうので、それによって退職してしまうような人もいるようです。

カスハラの会話例

  • 質問者アイコン

    今日1人の客に4時間も対応するハメになって大変だったよ。

  • 回答者アイコン

    なんでそんなに!?
    4時間は大変でしたね。

  • 質問者アイコン

    クレーム対応だよ。いわゆるカスハラってやつさ。

  • 回答者アイコン

    確かに最近、過度なクレームは多いですよね。

会話例のように、カスハラによって頭を悩ませている企業やお店はかなり多くあるようです。

カスハラの類義語

「カスハラ」や上記で挙げた「セクハラ」、「パワハラ」以外にも、「モラルハラスメント=モラハラ」や「セカンドハラスメント=セカハラ」や「スメルハラスメント=スメハラ」といった多種多様なハラスメント行為が存在しています。

カスハラまとめ

カスハラのみならず、他者に対して直接的・間接的に被害を与えたり、精神的に追い詰めるような行為はハラスメントと呼ばれる傾向にあるようですね。自分が身の回りの人間に対してそういった行為をしていないかを改めて見るのもいいのではないでしょうか。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事