カキタレ(かきたれ)

「カキタレ」とは、体目的や遊び目的の女性を表す言葉です。元々は芸能人の性欲処理をする女性という意味があり、芸能界での業界用語として用いられていた言葉になります。今回はその、「カキタレ」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

カキタレの意味とは

カキタレとは、性欲を処理するための体目的や遊び目的の女性のことを表す言葉です。冒頭でも説明した通り、元々は芸能界で用いられていました。芸能人の性欲処理をする女性という意味があり、江戸時代からある言葉と言われています。似たような言葉にセフレがありますが、セフレとカキタレの違いは、セフレは恋人という関係ではなくても、立場としては対等な場合が多いのに対し、カキタレは性処理が目的のため、芸能人男性の性欲を処理するための存在としており、立場も圧倒的に下となります。

カキタレの由来

カキタレの由来は、江戸時代から業界用語としてきています。「カキ」とは性行為のことで、「タレ」とは女性のことです。これは元々隠語として用いられていて、この言葉を組み合わせたものがカキタレです。

カキタレの文章・例文

例文1.あのアナウンサーは昔カキタレをしていたという噂だ。
例文2.大御所と呼ばれる人たちは有名な女性芸能人をカキタレにしているそうだ。
例文3.ジャニーズの中にもカキタレを持つ人はいるらしい。
例文4.江戸時代からカキタレは続いている。
例文5.カキタレが不倫の原因になることも考えられる。
カキタレを使った例文になります。カキタレと聞くとあまり良いイメージではないですね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

カキタレの会話例

  • 質問者アイコン

    関西系の芸能人はいっぱいカキタレがいるって有名だよね。

  • 回答者アイコン

    そうみたいね、ネットで調べても色々出てくるもんね。

  • 質問者アイコン

    なんか有名な人に限ってよくこういう情報が出てくるから、少し複雑だよね。

  • 回答者アイコン

    芸能界って実は結構ドロドロなのかもね。

関西系の芸能人について話をしている様子です。カキタレと検索すると、関西系の芸能人がよく出てくるようです。

カキタレの関連語

カキタレの関連語には、セックスフレンドを略した「セフレ」や、本命の彼女のことを表す「マジタレ」、経済的に支援してくれる男性を探し求める「パパ活」などがあげられます。

カキタレまとめ

カキタレとは、性欲処理のための体目的や遊び目的のための女性のことでした。江戸時代からあった言葉という事は、江戸時代から、芸能界の中ではこのような文化があったという事ですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事