オーガニック食材を積極的に取り入れる

オーガニック(organic)

オーガニックと聞くと、環境に優しいと言うイメージがあるため、日本でも流行ってきていますね。しかし値段の高さからなかなか手を出せない人も多いのではないでしょうか。今日はオーガニックの意味や由来をわかりやすく解説していきます。

[adstext]
[ads]

オーガニックの意味とは

オーガニックとは、農薬や化学肥料を使わず、自然の風土を生かした農林水産業や加工方法のことを言います。生態系を壊さずにより安全な自然のままの綺麗な世の中にしていくためにはこのオーガニックは非常に重要と言えるのです。忘れてはならないのは人間は微生物がいないと生きていけないと言うことです。人間の体の中にもたくさんの微生物がおり、そういった微生物が有機物を分解することで植物が育って行きます。そこからまた食物連鎖が起きこの循環が繋がっていくのです。この食物連鎖を自然に保つ事が一番のオーガニックの目的といえるのです。

オーガニックの由来

世界で「オーガニック」という言葉が使われるようになったのは、1940年代のことです。オーガニック農業の第一人者と言われているアメリカのJ・I・ロデールが、1942年に創刊した雑誌で、オーガニック農業が世界に知られるようになっていったとされています。

オーガニックの文章・例文

例文1.オーガニック製品は値段がそこそこ高いので、なかなか手が出ない。
例文2.オーガニック志向な人が増えていることは原点回帰の波が出来ている
例文3.オーガニック化粧品も女性の間ではかなり流行している。
例文4.アメリカではオーガニックの市場が拡大している。
例文5.オーガニック食品は安全性が高い。
先進国ではさまざまなオーガニック製品がブームになっていてアメリカではオーガニックの市場が拡大しています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

オーガニックの会話例

  • 質問者アイコン

    アメリカではオーガニックの市場が拡大しているらしいよ、どうしてこんなにオーガニックが流行っているんだろう。

  • 回答者アイコン

    先進国では環境に優しい製造法などが注目されてきているからだよ。消費者が作る工程にも興味を持ってきている証拠だね。

  • 質問者アイコン

    そうなんだね、値段もアメリカの市場だと非オーガニック食品の1.5~2倍も割高なのにオーガニック食品が好まれて買われているんだって。

  • 回答者アイコン

    だからお金のある先進国で流行っているのかもしれないね。

日本でもオーガニックの製品をよく見かける様になりましたが、日本全体でも環境に配慮された製造法が注目されて嬉しいですね。

オーガニックの類義語

オーガニックの類義語には、「有機」があります。

オーガニックまとめ

オーガニックと聞くとネガティブな要素としては、長期保存ができない、流通量がすくない、コストがかかる、などが思い浮かびますが、日本は人件費や資材費、燃料費など生産に係るコストが高いため、価格が割高になるのは当然です。これからオーガニックが安く生産できる技術などができた場合は、安くオーガニック製品が手に入る時代も来るかもしれませんね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事