オンラインサロンで知識をつける

オンラインサロン(online salon)

オンラインサロンとは、月額会員制のコミュニティの呼称である。お金を払い、コミュニティに参加することで自分の必要な情報を手に入れることができたり、有名人などとメッセージのやり取りができたり、知見を手に入れる事が出来たりするものです。情報の垣根やタイムレスがなくなってきた今、注目されるコミュニティです。それではオンラインサロンについて、意味や由来、類義語などを交えて、わかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

オンラインサロンの意味とは

オンラインサロンは、月額会員制のコミュニティのことです。
またオンラインサロンの中にもいくつか、パターンのようなものがあり、「コミュニティタイプ」「ファンクラブタイプ」「プロジェクトタイプ」「スキルアップタイプ」などの特性があります。もちろんそれぞれの特性を組み合わせたものもあります。
有名な所でいえば、西野亮廣エンタメ研究所は「コミュニティ+プロジェクト」ですし、HIU(堀江貴文イノベーション大学校)は「プロジェクト」に分類、人生逃げ切りサロンは「スキルアップ」と言えるでしょう。

オンラインサロンの由来

オンラインサロンの「サロン」は英語で「大広間」という意味でコミュニティのことを指しています。このことからオンラインサロンは、インターネットなどを利用した月額会員制のコミュニティサービスを表す言葉として使われるようになりました。

オンラインサロンの文章・例文

例文1.オンラインサロンでは、他の掲示板やSNSでは得ることのできない情報や知識、ノウハウを手に入れることができる。
例文2.オンラインサロンに入ることで、多くの刺激を受けることができて今後自分がしたいことのモチベーションを高めることができる。
例文3.プライベートを充実させるためにオンラインサロンに入会する。
例文4.同じ悩みや問題を持つ人が集まるオンラインサロンに参加することで問題解決を図る。
例文5.ファンクラブ型のオンラインサロンに入会して、イベント参加の優先抽選に参加する。
これらからオンラインサロンは様々なコミュニティがあることがわかると思います。自分の興味があるオンラインサロンに入会してみると新しい発見や体験があってよいでしょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

オンラインサロンの会話例

  • 質問者アイコン

    最近、話題になっているオンラインサロンにとても興味あるんだよね。確か君はオンラインサロンに入会していなかったっけ?

  • 回答者アイコン

    そうだね。わたしは堀江貴文イノベーション大学校であるHIUに入会しているよ。

  • 質問者アイコン

    そうなのかい?入会してみてなにか変わったことはあったかい?

  • 回答者アイコン

    コミュニティに参加する多くの人と関わる中で刺激を受けて毎日新しいことに挑戦するようになったよ。

今日多様なオンラインサロンがあり、注目を集めているコミュニティでもあります。もしかしたら会話でオンラインサロンという単語も出てくるかもしれないので是非使い方と意味を共に覚えておくと役に立つでしょう。

オンラインサロンの類義語

オンラインサロンの類義語には、「コミュニティ」「会員制度」「メンバーズオンリー」などがあります。

オンラインサロンまとめ

オンラインサロンでは、自分の得たいものを情報をより効率的に得ることができるとても便利なサービスです。自分ではなかなか行動に起こせないことややりたいことなどコミュニティに参加することで実現できることもあるかもしれません。もし気になるオンラインサロンがあれば参加してみるのもよいでしょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事