オブジェクト指向

オブジェクト指向はシステムをより素早く、そしてプログラムをわかりやすくスマートにするために重要な考え方であり、プログラミングをする上で必ず知っておきたい概念です。オブジェクト指向とは一体どのような考え方なのでしょうか。

オブジェクト指向の意味とは

オブジェクト指向とは、それぞれものに役割を与えて動作したシステムの振る舞いをとらえる考え方のことです。これによりプログラムを再利用する事ができ、クラスからインスタンス作成することにより無駄な記述を省くことができます。

オブジェクト指向の由来

オブジェクト指向は元々あったプログラムの冗長性を排除し、再利用する考え方であるカプセル化やプログラムを決められた流れに沿って実行する制御構造の考え方が基盤となっています。

オブジェクト指向の文章・例文

例文1.オブジェクト指向によってプログラムの冗長性を排除する
例文2.javaはオブジェクト指向言語である
例文3.オブジェクト指向の概念を元にものにそれぞれの役割を与え、システム動かす
例文4.オブジェクト指向プログラミングは継承を用いることによりプログラムをよりわかりやすく記述できる
例文5.プログラミングを学ぶ上ではオブジェクト指向は大切な考え方である

オブジェクト指向類義語

オブジェクト指向の類義語としては「アスペクト指向」があげられます。

オブジェクト指向まとめ

近年、オブジェクト指向の考え方が使われているプログラミング言語から多くの便利なサービスが誕生しています。もし、自分でwebサービスを一から作成するのであれば必ず知っておきたい考え方です。オブジェクト指向はプログラミングをするうえでとても大切な考え方であり、難しく思えますが、あまり深く考えず、ものの役割と関係を作っていく考え方として考えれば理解できます。オブジェクト指向を理解できれば、もっとプログラミングが楽しくなるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事