オジギソウ(おじぎそう)

夏にはピンクのポンポンのような花を咲かせる、遠目から見ると一枚の葉のように見えますがいくつもの細い羽のようなになっているの植物です。子どもの頃オジギソウをみては撫でて葉をたたませる遊びをしたことはありませんか?このオジギソウにも素敵な花言葉があるんです。花言葉や由来について解説していきます。

[adstext]
[ads]

オジギソウの花言葉

軽く触れると葉が閉じて垂れ下がってしまうことから、花言葉は「恥ずかしがり屋」や「繊細な感情」「感受性」「敏感」とつけられました。他にも「謙虚」や「鋭敏」「失望」などがあります。オジギソウを人の身振りに例えて付けられた花言葉が多くなっています。

オジギソウの由来

オジギソウの学名の「ミモザ(mimosa)」はギリシア語で「身振り・まね」というのが語源となっています。お辞儀のまねをするように見えることがオジギソウと呼ばれる由来です。
英語では「敏感な草(Sensitive plant)」漢名では「含羞草(恥ずかしがる草)」と呼ばれています。

オジギソウの文章・例文

例文1.小学校の理科の授業でオジギソウに触って不思議な体験をした覚えがある
例文2.お辞儀するみたいに垂れる様子が面白くてオジギソウをみては撫でてしまう
例文3.オジギソウは触ると葉が畳まれて細くなってしまうのがしばらくすると戻る
例文4.花言葉を知ってからオジギソウが恥じらう少女のように思える
例文5.オジギソウは夜に気温が下がって暗くなると葉が閉じるため眠り草という別名がついている
葉の電気信号によって温度や湿度の変化、振動を感じると閉じてしまう性質を持っているようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

オジギソウの会話例

  • 質問者アイコン

    子どもの頃オジギソウを見かけては撫でて遊んでたなぁ

  • 回答者アイコン

    スーって閉じていくのがなんとも言えない感覚だったよね
    恥ずかしがり屋っていう花言葉があるんだって

  • 質問者アイコン

    そうなんだ、なんかそう聞くと可愛らしく見えるな

  • 回答者アイコン

    家でも栽培出来るらしいから育ててみようかな

オジギソウについて話す男女の会話になります

オジギソウの別名

オジギソウには眠り草という別名があります。

オジギソウまとめ

名前や由来からイメージすると凛とした女性がお辞儀をしている様子が想像できますが、花言葉のイメージでは恥ずかしがる乙女の姿が想像できますね。葉ばかり見てしまい花にはあまり注目されませんが、夏にピンクの丸いポンポンのような花が咲くそうなのでもし見かけたら観察をしてみてください。あまりプレゼントには向いていませんが、もし良ければ自宅での栽培に挑戦してはいかがでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事