エンハンスしてシステム向上を図る

エンハンス(enhance)

エンハンスとは、向上させるといういった意味です。そのことからIT業界では、システムやサービス、製品の性能、機能を向上させることを指す言葉として使われます。システムをユーザーが満足できるようにするには定期的なバグの修正や機能の追加などを行う必要があるのです。今回は、そんなエンハンスについて使い方を見てマスターしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

エンハンスの意味とは

エンハンスの意味は、システムやサービス、製品の性能、機能を向上させることです。エンハンスというのは既存のシステムや製品の性能を向上させることを表すのであって新しく1からシステムを作る時には使われることはほとんどないことを覚えておくといいと思います。

エンハンスの由来

エンハンスの由来は、英単語の「enhance」にあります。「enhance」には、向上させるや高める、強化するといった意味があるため、エンハンスという言葉がIT用語として使われるようになったと考えることができます。

エンハンスの文章・例文

例文1.既存の製品がより便利でユーザーが使いやすくなるようにエンハンスを行う。
例文2.このシステムをエンハンスすることによって、売上を伸ばす。
例文3.他社の製品に対抗するためにいち早く製品エンハンスをする必要がある。
例文4.エンハンス開発を行うのはいいが、既存の性能を落とすようなことがあってはならない。
例文5.システムエンハンスを長年行ってきた彼にとってその業務は取るに足らない。
これらからエンハンスという言葉は、向上させる様子を表すのには適しています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

エンハンスの会話例

  • 質問者アイコン

    今日、他社の便利なサービスが増えてきたことから、自社のシステムをこのまま運用するだけではユーザーはどんどん減ってしまうよ。

  • 回答者アイコン

    それは十分承知しているよ。利用者が他のサービスに流れているもの明らかだからね。

  • 質問者アイコン

    なら一刻も早くシステムエンハンスを行うべきなんじゃないかな。

  • 回答者アイコン

    そのとおりだね。今どんな機能があれば他のサービスと差別化を図れるのか、案を出し合っているところだよ。

これは、システムエンハンスについて話している様子です。

エンハンスの類義語

エンハンスの類義語には、「保守」「バージョンアップ」「サブスクリプション」などがあります。

エンハンスまとめ

スマホを使っていてOSのアップデートやアプリのアップデート、バージョンアップなどを一度はしたことがあるという人は多いと思います。そういったものは、すべてシステムや製品をエンハンスするからこそ行う必要が出てきます。エンハンスという言葉の意味と使い方をしっかり覚えておくといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事