エンコードを書く

エンコード(encode)

今日、誰もがインターネットを利用して動画を配信することができますね。昔より動画を目にすることが増えましたし、デジタルサイネージで広告動画を流すことも多くなりました。多くの人の目に付きやすい電車や街中などでは、そのような広告をよく目にしますね。そんな普段私たちがよく目にする動画ですが、エンコードという作業を通して作られているものがあります。今回は、そんなエンコードの使い方について説明していきたいと思います。

エンコードの意味

エンコードとは、データや信号などを規則や約束に従い、変換することです。動画の場合は、圧縮したり、動画形式を変換することを表すために使われます。

エンコードの由来

エンコードは、英単語の(encode)がそのまま使われています。

エンコードの文章・例文

例文1.作成した動画ファイルをエンコードする
例文2.動画編集するにあってエンコードは必要な作業である。
例文3.エンコードした動画を視聴して圧縮変換に問題がないか確認する
例文4.送られてきたデータの形式を変換するためにエンコードする
例文5.YouTubeにアップされている動画はmp4という動画形式であることが多い
変換をするという意味で使われる言葉なので覚えておくといいでしょう。

エンコードの会話例

  • 質問者アイコン

    今度の動画コンテストに参加しようと思っているんだけど、出演者として参加してくれないかな?

  • 回答者アイコン

    君は本当に動画を作るのが好きだね。ちなみにもし参加するとしたらどんな役になるのかな

  • 質問者アイコン

    君は、主人公の友達友人A役だね。動画サンプルを今、エンコードしてるから完成したら見て参加するか決めてほしいな

  • 回答者アイコン

    うん!そうするよ。動画を見たほうがどんな役かもイメージがつきやすいしね

今日、Adobeの製品であるPremiumProを使えば、簡単にクオリティの高い動画を作成することができるようになりました。動画を編集するときには、エンコードをするので是非使い方を覚えておくとよいでしょう。

エンコードの類義語

エンコードの関連語としては「デコード」などがあげられます。

エンコードまとめ

多くの動画が色々な配信サイトで見れるようになった今日、エンコードという言葉は、日常会話で使われることも珍しくは無くなってきました。エンコードの使い方を覚えて普段から使いこなせるといいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事