エメットの法則でビジネスを成功させる

エメットの法則

このエメットの法則は、初めて聞くという方が大半ではないかと思いますが、実はこの法則は誰しもが一度は経験したことがあるのではないかと思います。今回の記事では、そんなエメットの法則についてどのような意味合いなのかと活用方法をご紹介していきます。

エメットの法則の意味とは

皆さんは〆切をキチンと守って仕事が出来ていますか?ついつい目の前の仕事をやろうと思うと、「明日やろう」という気持ちになる事があるでしょう。しかし、先延ばしにした仕事をやろうと思うと前より一層気が重たいし、進みも悪く、しかも忘れている部分もあるから思い出さなければいけない手間が増えます。しかも期日は当然よりせまっています。
ここまで紹介すれば誰しもが一度は経験したことがあるあの嫌な感覚が脳裏をよぎったかと思います。そして、これこそがエメットの法則なのです。

エメットの法則の由来

この法則は、タイムマネジメントの専門家であるリタ・エメットさんが提唱した「仕事を先延ばしにする事は、片付けることよりも倍の時間とエネルギーを要する」という法則です。詳しい内容は『いまやろうと思ってたのに...(知恵の森文庫)』という本に書いてありますが、皆さんも絶対に一度は経験したことがあるかと思います。

エメットの法則の文章・例文

例文1.エメットの法則は老若男女問わず付きまとう法則だ
例文2.エメットの法則を意識して絶対に仕事は先延ばしにしないと誓った
例文3.出来る事を出来る時にやらないとエメットの法則によってどんどん自分が苦しくなる
例文4.仕事を先延ばしにしたくなる状態でも、エメットの法則を考えると絶対に今やった方があとあと楽になる
例文5.エメットの法則を考えたら目の前の大変な仕事を先延ばしにすると倍大変な事を未来でやらなければいけないという事を意識するようになった
特に社会に出て間もない新入社員はまさにエメットの法則との闘いだと思います。一度物事を先延ばしにする癖がついてしまうとそれがずっと続いてしまうので、どこかで断ち切ってやりきる事を覚えていかなければいけません。

エメットの法則の類義語

エメットの法則の類義語はありませんが、関連語としては「猶予」「順延」「引き延ばす」なdがあげられます。

エメットの法則まとめ

間違いなく普段の生活の中で直面する事になる目の前の仕事をやる、やらないの判断ですが、その先には未来の自分が楽をするか、大変になるかを決める事になります。一時の楽な選択に流されると後々痛い目を見る事になりますので、是非今回の記事を機に事あるごとにエメットの法則と頭に思い浮かべて最適な選択を出来るようにしてください。エメットの法則に陥りやすい人は完璧主義な方です。先ずは、完璧にやるのではなく完了させるという事を念頭にしていきましょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事