エフィカシー(efficacy)

エフィカシーは自分の能力や存在を評価することです。自分の能力や才能を理解しておけなければ、自分が出来ることについても把握することができないです。そのため、スケジュールを立てても予定通り物事を進めることができなかったり、上手くいかなかったりすると思います。なので自分自身を正しく評価することが求められます。そんな自分を評価することをエフィカシーと言うことがあります。今回はそんなエフィカシーについて説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

エフィカシーの意味とは

エフィカシーの意味は自分の能力や存在を評価することです。エフィカシーは自分自身を評価して認めることから自信を持つことを表すこともあります。覚えておけるといいと思います。

エフィカシーの由来

エフィカシーの由来は英単語である「self efficacy」にあるとされています。「self efficacy」の「self」は自分自身のことを表しており、「efficacy」は効力のことを表しております。そのことから自分自身の存在が何かに対して効果をもつことを表すようになったと言われています。そんなセルフ・エフィカシーという言葉を略してエフィカシーというようになったと言われています。

エフィカシーの文章・例文

例文1.エフィカシーが高い彼は、いつも自信満々である。
例文2.エフィカシーがあるので、自分がどのような活躍をできる人間であるか理解している。
例文3.エフィカシーが低いと自信を失くして行動に迷いが出てしまうだろう。
例文4.エフィカシーが高い人は自分自身の役割をしっかりと理解している。
例文5.エフィカシーを知っておくと業務を計画的に進めることができるだろう。
これらからエフィカシーは自分の能力や存在を評価することを表す際に用いられる言葉です。覚えておけるといいと思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

エフィカシーの会話例

  • 質問者アイコン

    君はもう少し自分のできることを見つめ直したほうがいいと思うよ。

  • 回答者アイコン

    そうかな。別に無理をしているつもりはないんだけどね。

  • 質問者アイコン

    そうだね。ただ基礎が固まっていないから応用的なことを取り組むのはまだ早いと思うんだ。

  • 回答者アイコン

    わかったよ。エフィカシーを高められるように自己分析してみようと思うよ。

これは、エフィカシーが低いことを指摘されている場面です。

エフィカシーの類義語

エフィカシーの類義語には、「自尊感情」「自己肯定感」「自尊心」などがあります。

エフィカシーまとめ

人それぞれ能力や才能、好きなことが違うため、できることは異なってくるものです。苦手なことよりは当然得意なことの方がより上手にこなせることです。エフィカシーが高い人というのは、そのことを理解しているため自信をもって物事に取り組むことができます。皆さんもエフィカシーが高い人とはどんな人なのか自身を見つめ直すことによって、エフィカシーという言葉の意味もすんなりと理解できると思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事