エバンジェリストからの説明で技術的な理解を深める

エバンジェリスト(evangelist)

エバンジェリストとは、IT業界において、技術的なことについて社外に分かりやすく説明する職種のことです。専門的な用語や知識がないとわからず、理解できない事柄というものは存在します。特にIT業界などの技術やサービスは目新しいものが多く、説明することが難しいものがあります。だからこそ、エバンジェリストという職種が存在するのです。今回は、そんなエバンジェリストについて意味や由来を交えつつ、説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

エバンジェリストの意味とは

エバンジェリストとは、IT業界において、技術的なことについて社外に分かりやすく説明する職種のことです。エヴァンゲリストと言われることもあるので覚えておくといいと思います。

エバンジェリストの由来

エバンジェリストの由来は、英単語の「Evangelist」にあります。「Evangelist」はキリスト伝道者のことを表す言葉です。そのことから転じてIT業界では、エバンジェリストという言葉が技術的なことを説明する意味の言葉として使われるようになったと考えられています。

エバンジェリストの文章・例文

例文1.エバンジェリストとして自社のサービスを分かりやすく社外の人に向けて説明する。
例文2.エバンジェリストになるために、専門的な内容や技術的な内容について学習する。
例文3.エバンジェリストは、技術的な知識があることは勿論、人に物事を上手く伝える能力も必要だ。
例文4.最新のテクノロジーについてエバンジェリストとして、説明を行う。
例文5.初めての大きなホールでの講演会にエバンジェリストとして呼ばれ手嬉しく思うよ。
これらからエバンジェリストという言葉は、技術的なことについて説明する人を表すには最適です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

エバンジェリストの会話例

  • 質問者アイコン

    今度、IT技術に関する講演会に参加する予定でとても楽しみなんだよね。

  • 回答者アイコン

    それはとても興味深いね。僕も予定があえば行ってみようかな。

  • 質問者アイコン

    うん。是非一緒に行こうよ。大手企業のエバンジェリストが来て説明をしてくれるらしいんだ。ちなみに今週の土曜日の予定だよ。

  • 回答者アイコン

    土曜日か。今週の土曜日はちょうど空いているから参加して見ようかな。

これは、エバンジェリストが説明に来る講演会について話している様子です。

エバンジェリストの類義語

エバンジェリストの類義語には、「信仰復興運動家」「福音伝道者」「アンバサダー」「アドバイザー」などがあります。

エバンジェリストまとめ

何事においてもそうですが、何か説明をするときにはその物事についてよく理解している必要があります。でなければ、相手にうまく伝えることができないでしょうし、質問されたときには困ってしまいます。普段から何事においても考えて、相手が求めている答えは何なのか、簡潔に伝えるにはどのように話したらいいのか考えられるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事