エスクロー

日本ではあまり馴染みのない取引方法であるエスクローですが、アメリカではエスクロー盛んに行われており、今日はエスクローの意味について解説をしていきましょう。

エスクローの意味とは

エスクローの意味は商取引において安全性を担保する為に信頼のおけるエスクローエージェントと呼ばれる第三者を仲介させる第三者預託の方法です。
エスクロー取引が多く使われるアメリカでは不動産での利用が多くなります。流れは買い手がエスクローエージェントに代金を預けて、売り手はエスクローエージェントに代金が到着した事を確認して、不動産の場合は契約の変更や巻き直しを行います。そこで契約内容や商品に問題がなければ、エスクローエージェントから売り手に手数料が引かれた金額が入金されます。もちろんこの取引の途中で当初の内容と異なる場合は契約破棄が可能です。アメリカではこのエスクロー取引の利用はスタンダートとなっています。

エスクローの由来

エスクローの由来は1947年にアメリカのカリフォルニア州で不動産取引を双方が信頼して行う為に、保全制度としてスタートしている。アメリカ西海岸では特に定着をしており、州ごとに法律が制定されています。

エスクローの文章・例文

例文1.エスクローは売り手・買い手が安心して取引する為の仕組みだ
例文2.第三者を介在させて取引する事で信頼を担保するのがエスクローである
例文3.日本の商取引でもエスクローを取り入れているケースはある
例文4.不動産取引でエスクローが使われる事が非常に多い
例文5.エスクローにおける原理原則は相互が信頼して取引を行う事である
日本でもBtoCやBtoBの商取引の中で、エスクローが導入されているケースは多くなっています。法人が個人に対して仕事を発注するという働き方が変わってきた側面もあり、信用を担保する意味で使われているのでしょう。

エスクローの類義語

エスクローの類義語としては、「仲介」「第三者委託方式」などがあげられるでしょう。関連語としては裁判所の入札などで使われる「入札保証金」があげられます。

エスクローまとめ

日本の場合はお互いの信義に基づいて商取引をするという性善説が当たり前になっていますが、欧米ではそういった考え方はあまりなく、特にアメリカは契約社会であり、細かな事柄にまで契約がついて回ります。
そういった文化や歴史的な背景の違いがこういったエスクローという取引方法が生み出された理由かもしれません。日本でもエスクローが導入されつつあり、立場が弱い人を保護する観点でも効果的な方法であると言えるでしょう。

この記事を読んでいる人に人気の記事