エコマネーで地域振興

エコマネー(eco money)

エコマネーは、海外では既に実用化されている金融システムです。日本でも実験段階に入っており、これから先の実用化が期待されています。

エコマネーの意味とは

エコマネーとは、限定された地域内で利用できる電子マネーシステムのことです。基本的に決済機能のみとなっており、食品や日用品などの日々の生活に必要な商品の購入に利用することが前提となっています。

つまり、その地域内限定の通貨と言える存在です。実用化されている海外の地域では、日本の交通系ICカードのような形で、それを所持している人に対し、毎月いくらをチャージするという方法で支給し、その分は地域内で通貨と同様の電子マネーとして利用されています。
近年では日本でも、各種の電子マネーが普通に利用されていますが、地域を限定したこのようなエコマネーとしては、まだ期間を区切った実験が数回行われたという段階です。

エコマネーの由来

エコマネーの由来は、既に実用化されている海外で、同じく”eco-money”と呼ばれているシステムを同様の形で日本にもってきたことからです。
”ecology=エコ”と言えば、日本では「環境」のことが一番に浮かびますが、この言葉には「生活」という意味もあり、eco-moneyはそちらの意味から付いた名称です。

エコマネーの文章・例文

例文1.使えるお店が少ない電子マネーは、まるでエコマネーみたいなものだ
例文2.この地域の人口ではエコマネーの導入は難しいだろう
例文3.先の実験で、エコマネーが導入されればかなり便利になることが分かった
例文4.エコマネーで支払いを行える店をどれだけ増やせるかがポイントだ
例文5.エコマネーの導入は、商店街の活性化にも繋がるだろう
エコマネーを定着させる為には、利用できる店舗をどれだけ広げられるかが一番の課題になると言えるでしょう。使えないお店が多いようでは、折角導入した意味がないからです。

エコマネーの類義語

エコマネーの類義語は、「地域振興券」だと言うことができます。これは、日本でも過去に何度か発行されたことがあり、エコマネーと同様に、有効な地域内で現金と同様に利用できました。
しかし、商品券のような紙媒体だったので、お釣りが出なかったことと、いくつかの種類の額面しか無かった点などから、固定で普及するまでには至らなかったという経緯があります。
エコマネーは電子マネーなので、それらの心配がなく、1円単位までしっかりと遣うことができる為、言わば新時代の地域振興券として期待されています。

エコマネーまとめ

エコマネーは、それ自体の導入コストや、使える店舗の問題さえクリアできれば、従来の地域振興券を使いやすくした形として、今後の実用化に大きな期待が掛かっているシステムだと言えるでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事