エコファーを着る美人モデル

エコファー(Eco Fur)

女性やファッションが好きな方は聞いた事があるかもしれませんが、皆さんはエコファーという言葉を聞いた事がありますか。動物の毛皮を使用したリアルファーが近年ではあまり見られなくなってきました。そこで、注目が集まっているのがエコファーです。今日はエコファーについてわかりやすく解説をしていきます。

[adstext]
[ads]

エコファーの意味とは

エコファーとは、人工毛皮のことを言います。動物愛護団体などの活動が盛んになり、消費者の動物の命を守るという意識が強まりました。その事により、リアルファーが消費者に好まれなくなりました。それを受けて、ファッションで言うラグジュアリーブランドなどリアルファーは作らないと発表したブランドもございます。その背景には技術が進歩し、より質の高い人工毛皮が作れるようになった事が要因です。ファッション界はここ数年で大きく変化している事が分かります。

エコファーの由来

今までは、人工毛皮と言われておりましたが、ネガティブイメージが強いという理由から『エコファー』と呼ばれるようになりました。

エコファーの文章・例文

例文1.GUCCIがミンクの動物の毛皮を使用しないという事を発表した。
例文2.最近のエコファーの品質は高い。
例文3.リアルファーでは敵わないデザインを可能にしたのがエコファーです。
例文4.エコファーは安い値段でファーの素材を購入する事ができる。
例文5.エコファーは手入れが手軽で、耐久性が強い。
エコファーの品質が高まった事によって、ファッションの幅が広がったと言えます。女性も、より手軽にファーを楽しめる良い変化がもたらされたと言えます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

エコファーの会話例

  • 質問者アイコン

    最近その高そうなファーコートよく着てるね。素敵だね。でも高いんじゃない?

  • 回答者アイコン

    実はこれエコファーだから、安かったんだよね。最近のエコファーは品質も上がってきているんだよ。

  • 質問者アイコン

    そうだったのか。それだけ品質が上がってきているなら、エコファーでもいいよね。すごいね。

  • 回答者アイコン

    リアルファーは、やっぱり動物が可哀想と思ってしまうし、何より金額もリアルファーよりお手頃だから私はエコファーがいいな。

人工毛皮の技術が上がった事によって、動物の権利も守れる上、ファッションにおいても低コストで購入できるという事もあり、色々な人にファッションを楽しんでもらえるようになりました。

エコファーの類義語

エコファーの類義語はフェイクファーや人工l毛皮です。

エコファーまとめ

フェイクファーからエコファーというネーミングの変換により、消費者のネガティブなイメージを払拭する事に成功し、エコファーアイテムのトレンドなども出てきて、ファッション業界全体の活性化にもつながりました。エコファーの品質の向上も勿論のことですが、商品のネーミングが消費者に与えるイメージはとても大きいという事が分かります。今年の冬は、皆さんもエコファーやエコアイテムを取り入れてみてはどうでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事