エコへの配慮

エコ(eco)

普段の生活の中で、どれだけ「エコ」というものに意識をしているでしょうか。意識して取り組んでいるものもあれば、無意識にそうした行動をしていたということもあるでしょう。ただ、1つ言えるのは、「エコ」という言葉の正しい意味を理解していますか?ということです。そこで、「エコ」の意味を解説していきたいと思います。

エコの意味

エコという言葉はエコロジーの省略形になりますが、その意味は生態学という意味です。つまりは生物の生活や環境との関係性のつながりを大切にすることで環境へ配慮するという意味につながり、日常生活で使われるようなエコの意味につながります。
そして、意外と知られていないのは「エコノミー」の省略形でもあるということです。エコノミーというのは経済という意味で、エコロジー(環境)とエコノミー(経済)の2つの言葉は密接に関わっています。どちらか一方だけに意識をおけばいいというものではなく、この2つのバランスをとることで人々が安全で豊かな生活が送れるのではないかという考え方に繋がっています。

エコの由来

エコロジーという言葉はドイツの生物学者であるエルンスト・ヘッケルが作り出した言葉になります。元々は「Oecologie(エコロギー)」という発音で、ギリシャ語で住処や家を意味する「oikos(オイコス)」に語ることや論じるという意味のある「logia(ロギアー)」がくっついたところからきています。

エコの文章・例文

例文1.エコという言葉はエコロジーとエコノミーの2つの意味がある
例文2.エコを意識してレジ袋はもらわないようにしよう
例文3.環境を大切にするためにエコへ配慮する
例文4.エコな生活を送る
例文5.エコのために冷房の温度を上げよう
エコは生活にも深く関わってくる言葉なので、何かしらのシーンで使っているかと思います。

エコの会話例

  • 質問者アイコン

    今日はすごく暑いね。冷房の温度をもう少し下げようよ。

  • 回答者アイコン

    ダメだよ。
    一応エコに配慮して28度に設定してるんだから。

  • 質問者アイコン

    2~3度下げたってそんなに変わらないよ。

  • 回答者アイコン

    少しはエコに対して配慮を持った方がいいよ!

こうした会話の夏の風物詩とも言えますが、エコには配慮するに越したことはないでしょう。

エコの類義語

エコに近い意味がある言葉としてあげられるのは、「自然志向」や「省エネルギー」といったものがあります。また、意味ではなく言葉のニュアンスが似ているものとしては、「オーガニック」という言葉も挙げられるでしょう。

エコまとめ

エコという言葉に関して解説をしてきました。環境だけではなく経済へも配慮することが本当のエコなので、そういった意味ではエコバックや冷暖房の温度調整はエコであると言えますね。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事