ウルトラファインバブル(Ultrafine-Bubble)

「ウルトラファインバブル」とは「直径0.001mm未満のナノサイズな超微細の気泡で、洗濯機やシャワーヘッドに環境・農業・食品などの産業で活用が期待される技術」です。”バブル”というと単純に泡やバブル時代などを連想するぐらいだと思いますが、実はこれが日本だけでなく世界の産業を劇的に変える可能性を秘めています。ナノサイズの気泡によって、環境の分野では汚染処理や有害物質の分解などに役立ち、他にも食品なら鮮度保持、健康面でも泡風呂として使用されるなど、正に未来の最新テクノロジーの一旦を担う大変素晴らしい技術なのです。

[adstext]
[ads]

ウルトラファインバブルの意味とは

「ウルトラファインバブル」の意味は以下の通りとなります。
(1)繊維の隙間よりも小さな1μm(マイクロメートル)未満の超微細な気泡。
(2)シャワーヘッドや洗濯機などに利用される「ファインバブル」の一種で、直径0.001mm未満のナノサイズの泡によってシャワーでは肌汚れを優しく洗い落とし、洗濯では洗浄効果を高める効果がある。
(3)「ナノバブル」も同義。
直径100μm(0.1mm)より小さな泡「ファインバブル」は2種類に分類され、1μm以上100μm未満が「マイクロバブル」、1μm未満が今回の「ウルトラファインバブル」(Ultrafine-Bubble:UFB)になります。従って「マイクロバブル」よりも「ウルトラファインバブル」の方が微細な泡となり、この性質を利用して様々な技術に応用され身近な所では生活家電などで使用されています。また、従来よりも洗剤や薬品の使用量を減らす事が出来るので、地球環境を守る「サスティナブル」の観点からも注目を集める技術です。日常生活ではシャワーヘッドを「ウルトラファインバブル」に対応しているものにすると、超微細な泡が毛穴や皺の奥に入り汚れを優しく落とすので肌や髪にもダメージを与えず美容効果にも優れます。洗濯機でも「ウルトラファインバブル」が繊維の隙間に入り、少ない水や洗剤でも劇的に洗浄効果を高めます。これら以外にも下水道などの排水管に用いれば常に洗浄されるので清潔に保て、メンテナンス回数も劇的に減らせます。一方で水温・水圧が下がる、乾燥するという意見もあるので、メリットデメリットから総合的に判断をする必要があります。

ウルトラファインバブルの由来

広島県周南市の徳山工業高等専門学校・大成博文教授が1980年代頃から土木建築の為に開発をしてきた「気泡発生装置」が「ファインバブル」で、この装置が「マイクロバブル」として養殖カキの赤潮被害を救う事に繋がります。その後より微細な「ウルトラファインバブル」の研究が進み、2004年に産業技術総合研究所・矢部彰博士が世界初となる洗浄・殺菌効果を発表しました。

ウルトラファインバブルの文章・例文

例文1.ウルトラファインバブルの洗濯機が欲しいので、ボーナスが出たら思い切って購入しようと思っている。
例文2.髪の毛よりも圧倒的に細いのがウルトラファインバブルでありマイクロバブルだ。
例文3.ストレス発散にはウルトラファインバブルのシャワーを浴びるのに限る。
例文4.ウルトラファインバブルの発明だけでも、日本の技術力は世界をリードしていると言っても過言ではない。
例文5.ロシアだったらウルトラファインバブルの技術をサリンなど毒ガスに利用するだろうが、日本ではそんな心配も無用だ。
「ウルトラファインバブル」についての例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ウルトラファインバブルの会話例

  • 質問者アイコン

    ウルトラファインバブルって知ってる?

  • 回答者アイコン

    当然じゃない。美容オタクとしてはウルトラファインバブルのシャワーヘッドにするのがマストよ。

  • 質問者アイコン

    それで効果ってどうなの?

  • 回答者アイコン

    それは人によりけりよ。私の場合は今後に乞うご期待ってところね。

知人男女による「ウルトラファインバブル」の効果についての会話です。

ウルトラファインバブルの類義語

「ウルトラファインバブル」の類義語には、「マイクロナノバブル」「ナノバブル」「マイクロバブルオゾン」などの言葉が挙げられます。

ウルトラファインバブルまとめ

「ファインバブル」は「ウルトラファインバブル」と「マイクロバブル」に分類され、0.001mm未満の超微細の泡となるのが「ウルトラファインバブル」です。発生させるのに高い技術が必要とされる微細な泡ほど洗浄効果などに優れ、シャワーヘッドや洗濯機に配管などでも使われます。また、洗剤量や水量を減らせるので、節約にも繋がるのが「ウルトラファインバブル」です。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事