ウマ娘(うまむすめ)

「ウマ娘」とは「美少女キャラを競走馬に擬人化させた育成シミュレーションゲームであり、またアニメや漫画など関連商品も含めた略称」です。所謂萌え系などは素人にはなかなか難しい世界でありますが、アプリ&PCゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」であり、また関連したアニメなども含めてファンは略して「ウマ娘」と呼んでいます。要は美少女が競馬レースのように全力で疾走するシーンや学園生活などのやり取りがファンには堪らないようで、そこが大ヒットをした要因となっています。かつてはこのような作品はある種のマニアがこっそり楽しみ、大手を振って堂々と登場するものではなかったのですが、時代は変わってきているようです。それでは「ウマ娘」の解説となります。

[adstext]
[ads]

ウマ娘の意味とは

「ウマ娘」の意味は以下の通りとなります。
(1)スマホアプリやパソコンゲーム「ウマ娘 プリティーダービー」の略称。
(2)競馬世界の競走馬を萌え系美少女キャラで擬人化させた育成ゲームで、2021年2月に発売されると1ヵ月で約140億円を稼ぐ破格の大ヒットを達成し、関連作品である漫画やアニメも同じく人気を獲得している。
「ウマ娘」はスマホ向けアプリやPCゲームにアニメなどの関連作品の略称ですが、特に大ヒットしたスマホ並びにPCゲームの正式名称「ウマ娘 プリティーダービー」とするのが一般的です。もちろん熱烈なファンは関連するアニメなども込みで「ウマ娘」となり、さらに声優や楽曲や関連グッズなどもトータルで「ウマ娘」として異常なぐらい盛り上がっています。これらのゲームやアニメ等も基本となる世界観は全て同じで、競馬の競走馬の世界を萌え系美少女キャラで擬人化させています。ですから、全身は全て美少女ですが唯一の違いとして尻尾が生えていて、そんな美少女が競走馬のように練習やレースを繰り広げていくのです。このような趣味嗜好がないと一体どこが面白いのが見当がつかないものですが、まるで熱血学園ドラマのようなストーリーが多くのファンに支持され、努力と成長の記録として大ヒットを獲得したのです。特にゲームに関しては再現性の高さや本格育成シミュレーションとしても評価され、2021年2月に発売されるや否や1ヵ月で約140億円の売上を達成しダントツのランキング1位となりました。これは2位のゲームが約50億円なので3倍程度の開きという驚異の人気振りです。今では「ウマ娘」のコスプレ衣装がいくつも発売され、アニメの舞台となった東京府中周辺や府中競馬場、千葉の中山競馬場なども聖地巡礼としてファンがSNSに投稿し愛されています。

ウマ娘の由来

「ウマ娘」はゲーム会社「Cygames」が2016年に巨大プロジェクトとして発表し、ゲーム発売前の2018年に第一弾として最初にアニメ放送が開始されました。

ウマ娘の文章・例文

例文1.友人はウマ娘に夢中で休日になると聖地巡礼をしてはSNSにアップして仲間から共感をもらって喜んでいる。
例文2.ゲーム好きだがウマ娘の世界に嵌まると萌え世界から抜け出せなくなりそうで、お化けよりも怖いと感じている。
例文3.両親からお見合いを勧められたが乗り気ではないので、顔を合わせた第一声でウマ娘のオタクであると告げて台無しにしてやる予定だ。
例文4.どんなに世界が変わっても、独身中年男性がウマ娘に嵌まって親を呆れさせているのは世間体もありあまりよろしくないので程々にしよう。
例文5.ネットではウマ娘ファンの民度が低いと煽られているが、そんな事に負けるようでは萌え系失格だろう。
オタク趣味としての「ウマ娘」を使った例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ウマ娘の会話例

  • 質問者アイコン

    ごめん。だから、ごめんって。

  • 回答者アイコン

    あなた、もうウマ娘はやらないって約束したでしょう。それを部屋に隠れてコソコソといつまでも。

  • 質問者アイコン

    許してくれよ。これぐらいしか、息抜きがないんだよ。遊ぶのを容認してくれよ。

  • 回答者アイコン

    絶対にダメ。ウマ娘なんていい大人が遊ぶものじゃないでしょう。

スマホの「ウマ娘」を遊んでいた夫を厳しく問い詰める妻という内容です。

ウマ娘の類義語

「ウマ娘」の類義語として、同様に擬人化する萌え系作品として「艦隊これくしょん」「萌え萌え2次大戦(略)」「けものぐみ」などの言葉が挙げられます。

ウマ娘まとめ

「ウマ娘」は競走馬を萌え系美少女キャラに擬人化させて大ヒットしたゲームやアニメなどの関連作品の略称です。特にスマホやPC向けゲームの「ウマ娘」は異例の売上を記録し、その影響もあって2021年の「新語・流行語大賞」に堂々とノミネートされる一大ブームとなりました。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事