ウェアラブルが今後の社会を加速させる

ウェアラブル(Wearable)

「ウェアラブル」とは「身に付けることが可能なデバイスやコンピューターを指す時」に使います。近年では、ウェアラブルデバイスやウェアラブルコンピューターなど様々なところで見たり、聞いたりする機会があります。ですが、ウェアラブルなものは私たちの生活に自然と入り込んでいるため、使っていないという人も意識せずして使っているかもしれません。そのような事が無いように、今回は「ウェアラブル」について解説していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ウェアラブルの意味とは

「ウェアラブル」とは、英語で「身に付けることが可能」という意味のWearableから来ており。しかし、製品になったものを「ウェアラブル○○」と使われることは少なくなってきています。

ウェアラブルの由来

ウェアラブルを使われ始めたのは1980年代。当時、まだコンピューターも発展していない頃にアメリカで研究が始まりました。1990年代になると、マサチューセッツ工科大学のスティーブ・マン氏がカメラ付きヘルメットやコンピューターを入れたリュックを開発し発表した事から、注目を集めるようになりました。その後、IT産業が爆発的な成長をを遂げ、携帯電話、パソコンが一般にも普及した事から、ウェアラブルデバイスやウェアラブルコンピューターが普及するようになりました。そして、近年ではグーグル社が開発した「グーグルグラス」が発表され、大きな話題となったのも古い話ではありません。

ウェアラブルの文章・例文

例文1.ウェアラブル製品は「どれだけ人の生活を楽にできるか」という事に開発者の焦点が当たってる。
例文2.1980年代の人が今のウェアラブル製品を見ると、きっと驚くだろう。
例文3.ウェアラブル製品で有名な腕時計は、心拍数や歩数なども測ることができる優れものになった。
例文4.今後ますますウェアラブル製品は発展を遂げていくと思う。
例文5.ウェアラブル製品はファッションの一部になりつつある。
ウェアラブルと言うと今は腕時計が主流だが、今後は眼鏡やブレスレットなど様々な分野で小さく便利なウェアラブル製品が発明される事と思います。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ウェアラブルの会話例

  • 質問者アイコン

    最近トレーニングを始めて、友達の紹介でアップルウォッチ買ったよ。

  • 回答者アイコン

    いいなー。凄くかっこいいね!どんなことができるの?

  • 質問者アイコン

    移動距離を測るのはもちろん、歩数、心拍数、電子マネーの支払いもできてしまうんだよ。

  • 回答者アイコン

    凄いね!どんどん発展していきすぎて、ついていけないな。。

ウェアラブル製品は今後も発展し、携帯電話もいらない世界が来るのも遠くないかもしれませんね。

ウェアラブルの類義語

ウェアラブルの類義語として「ウェアラブル端末」「ウェアラブルコンピューター」が上げられます。

ウェアラブルまとめ

ウェアラブルな物は生活の一部となってきています。ウェアラブル製品を使っていかに生活を効率よく楽にできるかは、使う人の必要性によって変わってきます。その反面、その人のデータ(体調や生活習慣)が数字として、ネット上に流れてしまうということもあるので、自分の事は自分で守れるようにある程度の知識は備えていく必要があるかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事