イールドマネジメントを勉強する

イールドマネジメント(Yield Management)

観光用語の一つとして近年注目を集めている「イールドマネジメント」について、調べてみました。この言葉は”販売戦略”という意味を持つので経済やビジネス用語でもありますが、旅行や航空業界が利益を上げる為に用いるのが多くなっているので、この業界の専門用語とする位置付けでも問題ありません。それでは、詳しい解説を始めさせて頂きます。

イールドマネジメントの意味とは

「イールドマネジメント」の意味は以下の通りとなります。
(1)宿泊施設や航空会社が収益を最大にする為の販売戦略で、宿泊価格や座席価格とその販売数を適切な値にコントロールする。
(2)客室の売上を最大限に高める為に、過去のデータや需要動向から最適な部屋価格にする手法で、時には単価を上げたり値引きを状況に応じて積極的に取り入れる。

収益最大化の販売戦略が「イールドマネジメント」で、”イールド”には収益や利回り、”マネジメント”は計画や戦略や組織などの意味があり、この二つを合わせて誕生した言葉です。「イールド○○」とイールドを使った言葉は数多く、その多くは経済用語であり金融や投資、製造業なので用いられていますが、今回の「イールドマネジメント」に関しては今ではほぼ宿泊施設や航空業界で使用されているので、観光用語といって問題ありません。意味合いとしては上記したような、「収益最大化の販売戦略」です。ホテルにとっては客室であり、航空業界なら座席を如何にして、適切な価格に設定するのか? これが最も難しいので、需要に応じて価格を上げ下げします。最終的には稼働率を上げ、客室単価も引き上げると必然的に収益も上がるのですが、不測事態によってはお客が変動するので、想定通りにいかない事が多々あります。

イールドマネジメントの由来

「イールドマネジメント」はアメリカで誕生した販売戦略(手法・システム)で、日本には1990年代の後半頃に浸透し始めました。この頃は運輸業界などでも使われ、営業や販売としてのマーケティング用語としての側面が強かったのですが、徐々に日本へのインバウンドなど観光業が盛り上がるなかで観光用語として定着していきました。

イールドマネジメントの文章・例文

例文1.個人で旅行に行くなら、イールドマネジメントを知った今では旅行シーズンが落ち着いた閑散期に出掛けた方が、ホテルが安くなると分かってしまった。
例文2.イールドマネジメントの考えは、スーパーが閉店間際に惣菜を安く売るのと似たようなものだ。
例文3.お客としてはイールドマネジメントを賢く利用すれば、安く旅行を楽しめる。
例文4.東京五輪の頃は、イールドマネジメントによって周辺ホテルの価格は急上昇となるのは容易に想像がつく。
例文5.ゴルフ場やカラオケボックス、漫画喫茶などもイールドマネジメントの販売戦略によって、価格を時間帯によって変えている。

「イールドマネジメント」の考えを使った業界などについての例文となります。

イールドマネジメントの会話例

  • 質問者アイコン

    ねえ、いつになったら旅行に行くの? 早く予定を立てようよ。

  • 回答者アイコン

    ちょっと待って。私にも仕事があるし、それにこの前観光業界のイールドマネジメントを知ってしまったから、繁忙期に利用するとホテル部屋の料金高くなるみたいだし。

  • 質問者アイコン

    えっ、何それ? ホテルの部屋なんて、いつ借りても一律じゃないの?

  • 回答者アイコン

    リゾートホテルなんかは、ネット注文で観光シーズンを外すと安く泊まれるよ。これがイールドマネジメントの活用法だよ。

若い恋人同士が旅行の計画を立てようと、「イールドマネジメント」をお得に使おうとする会話です。

イールドマネジメントの類義語

「イールドマネジメント」の類義語には、「ロードファクター」「OCC」などの言葉が挙げられます。

イールドマネジメントまとめ

「イールドマネジメント」とは、観光業界で使用される専門用語で、ホテルの客室を適切な価格に設定する販売戦略です。収益を最大にするのが目的で、その為には需要に応じて価格を上下させます。これはホテル部屋だけでなく航空業界の座席にも導入されていて、かつては他業界でも使用されていましたが、今では観光業界の専門用語と呼べるほど完全に定着しています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事