インフルエンザ

「インフルエンザが今年も流行」と生まれてからこの方、何度聞いてきたか覚えてないですよね! 毎年のように流行しているので、大人になるとインフルエンザそのものに鈍感になり、子供などには注意を呼び掛けても本人は無自覚になり、そもそもの意味すらきちんと覚えていないのではないでしょうか?インフルエンザは風邪と非常に似ていますが、実は明確な違いもあり、その点なども踏まえて解説させていただきます。

インフルエンザの意味とは

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染する事で、突然の高熱や関節痛などに苦しみ、一週間ぐらいは安静が必要となります。しかし、通常の風邪の場合は、鼻水や喉の痛みなどで発熱もインフルエンザよりも低く、数日もしないで完治するのが一般的です。
よって、風邪をより酷くしたのがインフルエンザと思って良いでしょう。
インフルエンザを予防するには、ワクチンを接種するのが効果的で、さら毎年きちんと接種する事です。それは新型ウイルスが出現するので、それに対応するには新型ワクチンとなるからです。過去に予防接種をしても、それが現在では効果ない事を把握しましょう。
それと、不要な人込みなどへの外出を控え、バランス良い栄養豊富な食事などきちんとした生活をするよう心掛けるべきです。
それと、意外に知らない人も多いのは歯磨きの効果で、口腔の菌を減らす事でインフルエンザの予防になります。

インフルエンザの由来

16世紀のイタリアで、初めてインフルエンザと発表され、当時は感染症という概念が無かった事から、毎年冬になると広がり春になると完治する病気という扱いだった。影響という意味のイタリア語「influenza」から、インフルエンザと名付けられ現在に至ります。

インフルエンザの文章・例文

例文1.インフルエンザが今年も流行した
例文2.一週間も経過すればインフルエンザも完治する
例文3.インフルエンザは高熱を続くこともある
例文4.インフルエンザは子供や高齢者が特に気を付けるべき
例文5.食事や歯磨きもインフルエンザ予防につながる
インフルエンザの例文は、予防や治すためにする事などが多くなる傾向です。また、第三者へうつす可能性もあるので気を付けましょう。

インフルエンザの類義語

インフルエンザの類義語には、「ブタインフルエンザ」「スペインかぜ」「新型感染」などの言葉が挙げられます。

インフルエンザまとめ

インフルエンザは感染力が強く、毎年のように爆発的に流行するので、学校などで一人がなるとクラス中が症状に苦しむのが特徴です。
規則正しい生活をする事で予防も可能ですが、それでも万全ではないので、気になる方は毎年早めにインフルエンザワクチンの予防接種をする事が大事となります。
また感染した場合は、病院に通い治療薬を貰い自宅でゆっくりと安静するべきです。普通なら一週間もすれば、高熱や関節痛なども治り体力も回復します。しっかり治してから職場や学校に復帰すると、他の方にうつさないで済みます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事