インスピレーションが湧く

インスピレーション(inspiration)

芸術家であったり、クリエイティブな仕事をに携わっている人は時に「インスピレーション」という言葉を発することがあると思います。自分では使わなくても、使っているのを聞いたことがあるという方も少なくないのではないでしょうか。なんとなく聞いたことはあっても、詳細な意味まではわからないという人のために「インスピレーション」という言葉の解説をしていきたいと思います。

インスピレーションの意味

インスピレーションというのは、直感やひらめき、とっさに思い浮かぶこと、もしくは霊感のことを指します。
上述したように、この言葉を使うことが多いのは画家や音楽家といった芸術家であったり、デザインに関連した業種に携わるような人が使うことが多いです。アイデアを要求されるような仕事は発想や心に描いた考えが必要になってくることから、この言葉が使われます。
また、霊感に関しては少し異なっていて、神仏の力を感じとったり、それに反応することに対して使われます。

インスピレーションの由来

インスピレーションの語源はラテン語で「息を吹き込まれたもの」という意味です。そこから「ひらめき」や「霊感」というニュアンスにつながっています。

インスピレーションの文章・例文

例文1.インスピレーションが湧いてくる
例文2.この場所に来ると次々とインスピレーションが浮かんでくる
例文3.この遺跡からは強いインスピレーションを感じる
例文4.あの人はインスピレーションをやたらと使うから胡散臭い
例文5.画家に大事なのは、インスピレーションだ
インスピレーションには裏付ける証拠のようなものがないので、なんでもインスピレーションで片付けようとする人は逆に怪しいですね。

インスピレーションの会話例

  • 質問者アイコン

    明日、高尾山に一緒に行かないかい?

  • 回答者アイコン

    高尾山!?
    急にどうしたの?

  • 質問者アイコン

    今やている仕事のデザインを決めるのにインスピレーションが湧かなくて、気分転換にね。

  • 回答者アイコン

    だったら、ちょうどいいかもね。わかったよ。

どういう環境だとインスピレーションが湧くかは人によって異なるので、自分にとってのそういう環境を見つけられるのが一番早いですね。

インスピレーションの類義語

インスピレーションに近い言葉としては、「第六感」や上述した「霊感」といったものが挙げられるでしょう。

インスピレーションまとめ

理屈や論理が主軸として回るような印象の大きい世の中で、時にインスピレーションが求められるようなこともあります。ただ、何にでもインスピレーションとつけてしまうと逆に胡散臭さが出てしまうので、気をつけたほうがいいでしょう。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事