インクルーションな考え

インクルージョン(inclusion)

働くことにおいて、効率が良くなるような体型の一つは個人が持っている能力や経験を最大限に行かせることではないでしょうか。そこで、ダイバーシティにも関連してくる言葉で「インクルージョン」という言葉があります。この言葉の意味について解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

インクルージョンの意味

インクルージョンというのは、直訳すれば「包括する」という意味の言葉ですが、この言葉が近年ではビジネスシーンで用いられています。ビジネスとしての意味合いは、企業内で働いている全ての従業員が仕事に対して参画する機会を持って、それぞれの考え方や経験や能力が生かされることを指します。
インクルージョンはもともとは統合教育の考え方を超えるものとして普及した言葉です。1980年代アメリカにおける主流の考え方だった統合教育に代わって広まっていき、それがビジネスの世界での考え方へと発展していきました。

インクルージョンの由来

インクルージョンの語源は、フランスで起こっていた社会&経済的格差を「社会的に排除する=ソーシャル・エクスクルージョン」と呼んでいたことにあります。これはニートや失業者や障害者といった対象者を含んだ格差社会の抱えている問題を表した言葉だったようです。

コンコルド効果の文章・例文

例文1.これからの企業はインクルージョンな考え方が重要
例文2.インクルージョンを入れることで良い効果が期待できるだろう
例文3.インクルージョンとはダイバーシティの発展型のようなもの
例文4.インクルージョンの歴史は古い
例文5.インクルージョンな考えがあるといい
インクルージョンな考え方を導入する企業は増えている傾向にあるようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

インクルージョンの会話例

  • 質問者アイコン

    うちの会社ももっとインクルージョンな考え方に則ったらいいと思うんだ。

  • 回答者アイコン

    確かにね。
    私ももっと経験を活かしたいと思ってた。

  • 質問者アイコン

    そうでしょ?インクルージョンにつながるような制度を提案してみようかな。

  • 回答者アイコン

    よろしく!期待してるよ!

インクルージョンを提案することがすでにインクルージョンな意識だとも言えます。

インクルージョンの類義語

少し前まではこれと似た言葉で「ダイバーシティ」が唱えられていましたが、近年ではこのダイバーシティに変わる言葉としてインクルージョンが唱えられるようになったり、「インクルージョン&ダイバーシティ」と呼ばれることもあります。

インクルージョンまとめ

ここまで、インクルージョンという言葉に関してまとめました。ビジネスシーンで使われることが多くなってきた言葉なので、是非とも意味をおさらいしてみてください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事