眉毛のアートメイクする女性

アートメイク(あーとめいく)

近年流行している「アートメイク」。「メイク」と言うだけあって、化粧を施すのですが、普通の化粧とは違うんです。今回は「アートメイク」について詳しくご紹介していきます。

[adstext]
[ads]

アートメイクの意味とは

「アートメイク」とは、専用の器具を使い、眉やアイライン・唇などの皮膚から浅いところに針を刺し、色素を入れることを指します。

アートメイクの由来

アートメイクの原型は、古代中国で生まれたと言われています。
中国では「眉毛の薄い女性には幸せが訪れない」というような言い伝えがあり、女性たちは眉に墨を塗ることで眉を太く濃く見せていましたが、墨で描いた眉が落ちることを縁起が悪いと考え、肌を直接染色するようになったことから現代のアートメイクにつながったとされています。
アートメイクは通常のメイクとは違い、水や汗に濡れても落ちないとされています。化粧の手間が省けることや、すっぴんでも自信を持てることから女性を中心に人気の施術です。
皮膚を直接染色するという点では入れ墨やタトゥーと同じ仕組みですが、アートメイクはあくまで「メイク」であるため少しずつ色素が薄くなっていきます。これは、入れ墨やタトゥーに比べてアートメイクは色素を入れる深さが浅いためです。アートメイクは平均で2年~3年で色素がなくなると言われています。
また、近年のアートメイクは眉だけでなく、アイラインや唇、頭皮などにも施術が可能になっているようです。

アートメイクの文章・例文

例文1.生まれつき眉毛が薄いことで悩んでいて、アートメイクをしようか迷っている。
例文2.眉アートメイクをしたら眉毛を描く手間が省けてとても快適だ。
例文3.アートメイクは針や麻酔を使うため、医療行為とされている。
例文4.アートメイクを利用すれば、好きな箇所にホクロをつくることもできる。
例文5.アートメイクは数年で落ちるメイクなので、トレンドに沿ったメイクに修正することが出来る。
かつてのアートメイクはより長期間落ちないものでしたが、流行は常に変化するため修正したいというたくさんの声から、現在の中期的なものになったとされています。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アートメイクの会話例

  • 質問者アイコン

    あ、やっと来た。遅いよー。

  • 回答者アイコン

    ごめんごめん!寝坊しちゃって。起きてから5分で家を出たよ。

  • 質問者アイコン

    へえ、その割にはメイクばっちりだねえ?

  • 回答者アイコン

    あぁ、これはアートメイクしてるの。眉毛とアイラインに施術してもらってからは毎日楽ちんだよ。

毎朝の化粧の時間が少しでも減るのはありがたいことです。

アートメイクの類義語

「アートメイク」と関連する言葉には「タトゥー」「プチ整形」「医療脱毛」などがあります。

アートメイクまとめ

今回は「アートメイク」について詳しくご紹介していきました。
アートメイクの技術はますます発達し、理想のメイクをキープしやすくなりました。
気軽にできる値段ではないかもしれませんが・・・毎日の化粧の手間が省けることを考えると一度は試してみたいものですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事