アンチエイジングをする女性

アンチエイジング(anti-aging)

アンチエイジング」は1990年代半ば頃から、美容外科などを中心に使われるようになった言葉です。その後は高齢化が浸透する日本社会において、誰もが健康で若々しく保ちたい気持ちも相まって、日本はもとより世界中で常に一定の人気やブームを保っています。近年は女性だけでなく、男性にも波及し、また中高年や高齢者だけでなく、若い男女も日焼け防止やお酒離れなど健康志向が高まっているのも、根幹には「アンチエイジング」の精神が宿っているからではないでしょうか? それでは、詳しい解説を始めていきます。

アンチエイジングの意味とは

アンチエイジング」の意味は以下の通りとなります。
(1)又は「アンチエージング」で、日本語訳で「抗加齢」や「抗老化(医学)」。老化予防。
(2)年齢を重ねても、若々しい外見や病気にならない体を維持したい欲求。
(3)実年齢よりも若く見られたい気持ちで、食事に気を遣い、サプリやジムなどでケアする事。
アンチエイジング」とは、本来は医学用語であり、健康な高齢者などに対しさらに健康に気を遣ってもらう目的で予防医学としての側面がありました。先進国では、若者の人口が減少し高齢者が増えるのが共通の悩みです。すると、医療費が年々膨らみ財政が苦しくなるので、その為に「アンチエイジング」とは便利なキーワードだったのです。しかし、実際に最も熱心に飛びついたのは、30代後半から40代の女性とされます。丁度、若い頃の外見を維持するのが難しい年代になり、そこに健康と美容をセットにしたこれまでとは違うタイプの化粧品などは、抜群の購買意欲をそそる商品となったのです。現在の「アンチエイジング」は実に幅広く、そして中高年女性だけでなく、男性にも定着しています。それは、「アンチエイジング」を謳った運動法・食料品・化粧品・生活スタイルなど実に多様で、有名人などもアピールする事で、宣伝効果も相まってさらに普及する好循環です。例として、日焼け防止のクリームだけでも、各社から実に沢山の商品が発売され、当然男性用もあります。その一方、科学者や病院などは、「アンチエイジング」に対する様々な研究や分析を行い、今では遺伝子や細胞レベルでの研究が常識で、そこに企業や大学、スポーツ分野などいくつものグループや関係機関と連携を取り合って、一大産業となり人々の生活に密着したキーワードや共通理解となりました。

アンチエイジングの由来

本来の基本としての「アンチエイジング」は、1990年のアメリカが発祥とされます。それ以前から、様々な研究などを取り組んでいたアメリカは、成長ホルモンによって若返りに成功したと、医学雑誌「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」に紹介しました。1993年には、米国アンチエイジング医学会が設立され、日本でも2003年に日本抗加齢医学会が設立され、その後は現代に至ります。

アンチエイジングの文章・例文

例文1.アンチエイジングの最大の天敵は、肥満と紫外線とされている。
例文2.若い男性が日傘を差すのも、アンチエイジングの一つだ。
例文3.老いも若きもアンチエイジングに拘るが、肝心の少子化と独身率が高まるのは皮肉なものだ。
例文4.アンチエイジングにはストレスが悪いからと、嫌な事を避ける癖が付いた。
例文5.白髪を黒く染めるのも、アンチエイジングだろうと父親が語った。

アンチエイジング」の解説のような例文となります。

アンチエイジングの会話例

  • 質問者アイコン

    うちは両親が最近、アンチエイジングに凝ってしまって、大変ですよ。高いサプリとか飲みだして。

  • 回答者アイコン

    うちも一緒かな。水も水道水は飲まない。後は生野菜に拘っているよ。

  • 質問者アイコン

    どの家も同じようなものなんですね!

  • 回答者アイコン

    でも、20代の私たちもお酒やたばこもやらないから、昔の常識なら十分アンチエイジングなんだろうね。

アンチエイジング」に拘る両親の子供も、自然と健康に気を遣っているという会話内容です。

アンチエイジングの類義語

アンチエイジング」の類義語には、「肉体改造」「美魔女」などの言葉が挙げられます。

アンチエイジングまとめ

アンチエイジング」は、元々は老化予防という意味ですが、現在は拡大解釈をされ、若返りや健康に気を遣う全般にまで膨れ上がっています。40代女性が見た目を気にして、少しでも若く見えるようサプリを飲んだり、肌に優しい化粧品などを使うのも「アンチエイジング」の一つですが、突き詰めると中年になって若く見られたり健康でいるには、若い内から紫外線を予防したりお酒を飲まないなど日頃のケアが大事になります。ですから、若い女性や男性が明確に「アンチエイジング」を意識しているかは脇に置いても、健康に気を遣い積極的に日焼けをしない、タバコを吸わないなどに努める人が、昔よりも圧倒的に増えているのは事実です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事