アンチの人

アンチ

SNSなどでよく芸能人や界隈で有名な人の発言に対して誹謗中傷や否定的な発言をする人のことを「アンチ」と言い、そういったコメントの事を「アンチコメント」と言います。意味は何となく知っているけど、本当はどういう意味なのかわからずに使っているという方のために、今回「アンチ」という言葉について調べてきました。

[adstext]
[ads]

アンチの意味

英語の「反〜」や「対〜」という意味の「Antipathy 」から生まれた言葉です。
ネット上は、「反論者」や対象者や対象物を「攻撃したい人」というような意味で使われています。「荒らし」という意味で使う方もいますが、アンチは荒らしより過激な行為をする人を指しています。
一般的なものだと「アンチエイジング」や「アンチウイルスソフト」などの言葉があります。

アンチの由来

反対や対抗するというにである言葉です。由来などは詳しくはわかりませんが、SNSやYouTubeなどの人の活動の場が増えた事でその活動に反発する人が出てきて、アンチ、アンチコメントという言葉が広がっていきました。

アンチの文章・例文

例文1.人気になってアンチコメントも増えたがそれ以上に応援するコメントがあるので気にならない
例文2.アイドルがSNSに写真などを投稿すると毎回それに対して誹謗中傷を書き込むアンチがいる
例文3.アンチが出るのは有名になった証拠だとみんなに言われるがやはり辛いものは辛い
例文4.念願叶ってやっと参加できたイベントだったのにアンチが妨害して中止になってしまった
例文5.あの俳優はアンチを必ず味方にするような魅力のある人で有名だ
悪意を持ってコメントをしたり妨害する行為のせいで他の方とトラブルになることもあるので言動には注意しましょう。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アンチの会話例

  • 質問者アイコン

    最近このYouTuberにハマってるんだけど、よかったら見てみてよ!

  • 回答者アイコン

    あ、私その人知ってますよ!
    確かちょっと前にアンチに家押しかけられて迷惑行為を受けたって動画出してましたよね?

  • 質問者アイコン

    そうそう、面白いんだけど、たまに過激な動画出すからアンチも結構いるんだよね

  • 回答者アイコン

    全員に好かれる人なんていませんからね。仕方ないけどアンチコメント見ると嫌な気持ちになります。

YouTuberの動画のことを話す二人の会話になります。

アンチの類義語

アンチの類義語は「反対」「対抗」「排斥」などが挙げられます。

アンチまとめ

誰でも自由に、簡単に動画を作って配信することができるようになり、それに伴い誰でも自由に評価、コメントが出来るようになりました。暖かいやりとりなら嬉しいですが、よく思わない人がアンチとなりコメントしたり荒らしたりすることがとても多く目につくようになりました。傷つけられて社会に出るのが怖くなったという前例もありますので、発言には注意しましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事