アンダークラスの図

アンダークラス(under class)

皆さんは日自身の年収額は把握しているでしょうか?職業や年齢によって幅のある部分にはなりますが、厚生労働省の調べによると、日本の収入層を6段階に分けた際に、最下層とされる人口の割合が約15%いるそうです。そこで、この最下層を表す「アンダークラス」について、言葉の意味を解説していきます。

アンダークラスの意味とは

アンダークラスとは、日本の収入層を6段階に分けた際に、最下層の収入層を指す言葉になります。上から「資本階級層」「新中間階級層」「正規労働者階級層」横並びで「旧中間階級層」「パート主婦」「アンダークラス」となっています。アンダークラスはパートやアルバイト、派遣社員としての労働者が多く、平均年収が186万円で日本には約930万人いるとされています。

アンダークラスの由来

日本では2000年以降になり、この新たな階級層が現れました。資本主義社会の下級層といえば、かつてはプロレタリアートでしたが、プロレタリアートは家族形成等の最低限の生活はできるものとされてきました。しかし、アンダークラスはプロレタリアートよりもより低い水準の生活しかできないという環境にあります。

アンダークラスの文章・例文

例文1.日本にはアンダークラスが約900万人もいるらしい
例文2.一般生活が困難なアンダークラスは大変だ
例文3.アンダークラスから抜け出すためにはどうしたらいいのだろうか
例文4.アンダークラスの人を減らすためにはどうしたらいいだろうか
例文5.私はアンダークラスにはなりたくない
例文のように、アンダークラスとは低所得層を指す言葉であり、こうなりたくないという思いや、現場がアンダークラスなら、抜け出したいという思いがある際に使うタイミングがある言葉ですね。

アンダークラスの会話例

  • 質問者アイコン

    日本には約930万人もアンダークラスがいるらしいよ。

  • 回答者アイコン

    そんなにいるんですか!?
    意外と多いんですね。

  • 質問者アイコン

    それだけ多いと、日本の経済状況にも影響が出るのかな。

  • 回答者アイコン

    少しでも少なくなるような施策ができるといいですね。

経済に関心のある人なら、このような感じで日常の会話にも出てくることがあるかと思います。

アンダークラスの類義語

この言葉の特徴を捉えるなら、「非正規雇用者」や「低所得層」という言葉は近いものになるかと思います。

アンダークラスまとめ

ここまででアンダークラスについて解説してきましたが、あくまでも日本における労働状況を種類別にした際に、非正規雇用の方が低所得になる傾向がある=アンダークラスに分類されるというものであり、悪くいうための表現でも揶揄するための言葉でもないことを忘れないでください。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事