アルムナイ(Alumni)

アルムナイ」とは「退職者、或いは退職者を再雇用する制度などを指すビジネス用語」です。欧米の企業で取り入れられるシステムや働き方は、近年日本でも積極的に導入される傾向になっています。これまでは新卒者の優先雇用が絶対で、そこに中途採用として能力高い人を少し組み入れるのがまるで長年の伝統のように常套手法となっていましたが、ここに退職者をもう一度雇用するのも加えられたのです。昔の考えなら大胆な事をすると思いますが、これも新しい働き方であり人材確保の手段として時代の流れに沿っているのでしょう。それでは「アルムナイ」の解説となります。

[adstext]
[ads]

アルムナイの意味とは

アルムナイ」の意味は以下の通りとなります。
(1)ビジネス用語で企業の退職者や退職者の集まりの事で、そのような人材を再雇用する際の注目ワードになっている。
(2)一般的には直訳した「卒業生」となるが、転じて、ビジネス現場における即戦力人材の確保として「退職者」や「退職者再雇用の制度」に「退職者採用」などを意味する。
(3)「アラムナイ」とも読み同義。
アルムナイ」、又は「アラムナイ」は簡単に言えば、退職者を再雇用する「アルムナイ制度」や「アルムナイ採用」の事です。これを略して「アルムナイ」としたり、或いは再雇用する予備軍とも言える退職者やそのような人々の集まりでも呼んだりします。中小企業だと退職後の横の繋がりはあまり意識しないでしょうが、欧米や日本でも大企業だと退職後も同じ様なランクの企業で働いている事も多く、また職種も同じだと繋がりがある場合も珍しくありません。企業側としても即戦力となれる人材(退職者)を確保するのはメリットも大きく、だからこそ近年は日本でも注目を集めています。一方、それでも日本の大企業は保守的なので、一度辞めた者を再雇用すると社内風紀の点からも好ましく思わない人が多いのも事実です。一部例外的な扱いで少しずつ「アルムナイ」をお試しのようにしているのが実情で、また欧米のような再雇用を進めるのは終身雇用がさらに難しくなり、大企業とはいえリストラの加速や企業体力が落ちていると印象を抱かせる事に繋がります。よって、優秀人材の再雇用や新しい働き方の一つと素直に見るべきか、それとも退職者に頼らざるを得ない現状やリストラなどの弊害と見るかはそれぞれの捉え方次第となります。

アルムナイの由来

アルムナイ」の由来は残念ながら不明です。英語の「alumni」は「卒業生」「同窓生」「校友」といった意味を持つ言葉で日本でも当初はそのような意味合いでしたが、2019年頃からビジネス現場で「退職者」や「退職者再雇用」として用いられるようになり、現在に至ります。

アルムナイの文章・例文

例文1.かつての同期がアルムナイ再雇用されたが、自分には人事からまったく声が掛からないのは理不尽で腹立たしい。
例文2.今後は日本でもアルムナイ制度が浸透していく事だろう。
例文3.アルムナイでは給料体系や条件を吟味するべきで、迂闊に喜んで返事をしない方がいい。
例文4.不況でも強い資格を持っていると、企業としてもアルムナイで必要人材を再雇用したくなるようだ。
例文5.地方の中小企業ではアルムナイなどはまったく関係がない話だ。
ビジネス用語「アルムナイ」の実情として解説めいた例文です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アルムナイの会話例

  • 質問者アイコン

    実は相談があるんだけど…。

  • 回答者アイコン

    一体何事?

  • 質問者アイコン

    前の職場からもう一度働いてくれって、声を掛けられているんだよね。給料も上乗せするからって。今の職場よりも給料も増えるから、正直揺れ動いていて…。

  • 回答者アイコン

    それって巷で言われているアルムナイって事よね。再雇用を頼まれるなんて嬉しい事じゃない、受けなさいよ。

アルムナイ」で以前の職場に戻るか悩んでいる夫とその妻の会話内容です。

アルムナイの類義語

アルムナイ」の類義語には、「経験者採用」「中途採用」「キャリア採用」「定年後再雇用」「同窓」「オールドボーイ(OB)」「オールドガール(OG)」などの言葉が挙げられます。

アルムナイの対義語

アルムナイ」の対義語には、「再解雇」「在学生」「在校生」などの言葉が挙げられます。

アルムナイまとめ

アルムナイ」は直訳すると卒業生で、それがビジネス現場における「企業の退職者」という意味です。退職者をもう一度雇用するのを「アルムナイ採用」や「アルムナイ雇用」、設けたシステムを「アルムナイ制度」と呼び、現代ならではの働き方や流動的な人材確保として注目されています。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事