アルツハイマー型認知症の女性

アルツハイマー型認知症(あるつはいまーがたにんちしょう)

認知症というのは捻挫や心臓病などのような総称です。なので、具体的に○○型認知症というような様々な症状があります。アルツハイマー型認知症というのもそのうちの一つです。これからアルツハイマー型認知症について解説していきます。

アルツハイマー型認知症の意味

短期記憶がなくなる(最近のことほど忘れやすい)会話能力・理解力の低下、慣れた道で迷う、自分のことや親しい人のことを忘れる、イライラしやすい、などの症状が現れてきます。

アルツハイマー型認知症の由来

「アルツハイマー病」の名は、最初の症例報告を行ったドイツの精神科医アロイス・アルツハイマーに由来。
患者数が最も多い認知症の症状です。
大脳の側頭葉「海馬」が萎縮して「老人斑」と呼ばれる班が脳に現れます。

アルツハイマー型認知症の文章・例文

例文1.患者数が最も多いのがアルツハイマー型認知症だ
例文2.アルツハイマー型認知症が有名であるためドラマでもその症状が設定されることが多い
例文3.ほとんどの人がアルツハイマー型認知症を知っていると思う
例文4.アルツハイマー型認知症は認知症の病気のひとつだ
例文5.私の祖母はアルツハイマー型認知症だ
アルツハイマー型認知症の例文はこのようになります。

アルツハイマー型認知症の会話例

  • 質問者アイコン

    最近祖父の物忘れが激しくなってきたからなんとか説得して病院に連れて行ったんだよ。
    そしたらアルツハイマー型認知症って診断されたんだ。

  • 回答者アイコン

    最近のことから忘れていくってやつだよね?結構アルツハイマーの人多いって聞くよ。

  • 質問者アイコン

    そうなんだよ。いつかお前は誰だ?って聞かれちゃうのかなぁ。寂しいなぁ。

  • 回答者アイコン

    うわぁ。そっか、それはちょっと辛いね。

アルツハイマー型認知症は有名なので話題にも入れやすいかと思います。

アルツハイマー型認知症の類義語

アルツハイマー病、アルツハイマー神経原線維変化と言い換えられることもあります。

アルツハイマー型認知症まとめ

「認知症」と言えば「アルツハイマー」と思われるほど患者数が多く、介護や医療のテキストなどのモデルでもアルツハイマー型認知症の方を使うことが多いです。短期記憶がなくなってしまうので、一緒にご飯を食べたり話したりしても数分、あるいは数秒でそのことを忘れてしまい「やってない」と言われてしまいます。言われた家族や施設関係者も困ってしまう姿をよく見ますが、一番困っているのは「忘れている」本人だと思います。その不安を取り除けるような言葉かけができるようになるといいですね。
「アルツハイマー型認知症について」
上記にて詳しく見ることができます。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事