アベイラブル(Available)

「アベイラブル」とは「利用できる、空いているなどの意味で英会話で使ったり、参加していないや待機期間というコンサル業界ならではの専門用語」としても使われます。要するに、外国人と話す際に使う「アベイラブル」と、コンサル業界で働く人が仲間内で使う「アベイラブル」はまったく違ってきます。その違いを踏まえて、特にコンサル業界の専門用語として解説をさせて頂きます。

[adstext]
[ads]

アベイラブルの意味とは

「アベイラブル」の意味は以下の通りとなります。
(1)直訳すると、利用できる・入手できる・空いている・利用可能・手が空いているなど。
(2)ビジネス用語やコンサルタンティング用語で、参加していない・売上ない状態など。
「アベイラブル」は英会話では重要ワードの一つであり、また海外旅行などが多い人にとっては生活上で何かと頻繁に使う言葉となっています。これらの場合は「利用できる」「入手できる」「空いている」「利用可能」といった使われ方がされますが、国内でのビジネス用語並びにコンサルタントやコンサルタンティング用語(業界)では、また違った解釈がされています。通常はコンサル用語の解釈で「アベイラブル」は使われ、端的に言うなら「現在は(仕事がひと段落して)暇」といったニュアンスです。これは現在はどのプロジェクトにも参加していないので、「手が空いている」「新プロジェクトに参加できる状態」「(プロジェクトに入っていないので)売上がない」という事を業界ならではの表現として「アベイラブル」となるのです。気心が知れた同僚となら、さらに略した「アベる」という表現になり、(仕事がない状態やひと段落したので)旅行に出掛けていたなら「旅行でアベってきた」「旅行でアベるしてきた」といった風になります。実際のところは、コンサル業界などに務める若い世代が好んで使う言葉で、仕事がない状態なので本来は次の仕事に向けた対策を練ったり学習をするのですが、忙しい仕事柄休める時に有休を取って旅行など遊びにいくのも容認されているので、そのような事情から「アベイラブル」や「アベる」が広まったようです。

アベイラブルの由来

「アベイラブル」の由来は、英語の「利用する」を意味する「avail」と「可能」の「able」を合わせた言葉とされています。

アベイラブルの文章・例文

例文1.学生時代の友人は村一番の優等生だったのに、大学時代に東京に行ってからはすっかり人が変わり、さらにコンサル業界に就職してからはアベイラブルなど専門用語を地元でも使いまくり、今では友人や親せきからもすっかり変人扱いをされている。
例文2.妻もコンサル業界で働く我が家は、常にアベイラブルやアウトプットなどの言葉がプライベートでも飛び交い、まったくリラックスが出来ずに離婚をする事となった。
例文3.「アベイラブルだよ」と新人に言っても理解されないので、「だからアベるはアベイラブルを略した言葉」と無理やり納得させたが、肝心の意味を説明するのを忘れた。
例文4.仕事にまったくやる気がない同僚は、後輩がアベイラブルとなると本当に羨ましい表情を見せる。
例文5.アベイラブルとなり時間があるので、今週は新分野の経営について知識を高める事にした。

「アベイラブル」を使った例文となります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アベイラブルの会話例

  • 質問者アイコン

    どう、週末久しぶりに出掛けない?

  • 回答者アイコン

    仕事大丈夫なの?

  • 質問者アイコン

    大丈夫大丈夫。今週はアベイラブルになったから時間があるんだよ。

  • 回答者アイコン

    本当、嬉しい。…ところで、アベイラブルって何? 新しいファッショブランドの事?

コンサル業界に務める彼氏が久しぶりに彼女と出掛ける約束をしている会話です。

アベイラブルの類義語

「アベイラブル」の類義語には、「オミット」「サボタージュ」「自由期間」などの言葉が挙げられます。

アベイラブルまとめ

「アベイラブル」はコンサル業界ならではの専門用語で、仕事がひと段落して現在はどのプロジェクトにも参加していない事です。若い世代などは略した「アベる」として、気心が知れた同僚同士では日常会話のように使ったりします。仕事をしていないので旅行など長期休暇で用いますが、一方でそんな期間が長いと仕事能力がないと疑われる事を恐れるので、程々のいい塩梅で使う言葉ではないでしょうか。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事