アフィリエイト

アフィリエイトとは聞いた事がある方も多いと思いますが、最近ではアフィリエイトだけで生活をしたり、財を成している人もいるくらいIT業界では当たり前の広告・宣伝・販促の手法の一つとして地位を確立しています。大きな初期投資が必要なく、ライトユーザーでも気軽に始められるのが大きなメリットと言えます。

アフィリエイトの意味とは

アフィリエイトとはサイトやブログで広告主のサービスや広告を紹介する事でユーザーがサイトを閲覧したり、会員登録をしたり、商品を購入をするなどの成果が上がった場合にその対価として報酬を受け取る事が出来るシステムです。

アフィリエイトの歴史

アフィリエイトの歴史はもう20年以上前からと言われており、意外と歴史は古いのです。アメリカのamazonが始めたアソシエイトプログラムがスタートであると言われています。また同じ年の1996年にアメリカのLincShareという会社が世界で初めてASP(アフィリエイトサービスプロバイダ)として事業をスタートしています。日本ではそこから遅れる事3年Value Commerce(バリューコマース)社がアフィリエイトプログラムを提供したのがスタートです。

アフィリエイトの文章・例文

アフィリエイトの言葉としての使われ方も確認をしましょう。
例文1.アフィリエイトは参入障壁が低いビジネスだ
例文2.副業でアフィリエイトサイトの運営をしている人が多い
例文3.アフィリエイトの広告収入を高める
例文4.広告手法としてもアフィリエイトは有効だ
例文5.アフィリエイトが月収を上回るケースも少なくない
アフィリエイトは非常に参入障壁が低く、インターネット環境にいる人であれば誰でもスタートできるビジネスモデルですが、キャッシュポイントをしっかりと作って、運用をする事はそんなに簡単ではありません。稼げる人は3%程度で他の97%の人は月額1万円以下となっており、参入障壁は低いものの稼ぐのは大変なのです。

アフィリエイト類義語

アフィリエイトは日本語では「成果報酬型広告」と呼ばれています。関連用語としては「クリック報酬型広告」「Google AdSense」などが挙げられます。

アフィリエイトのまとめ

IT用語としては歴史も深く、当たり前に使われているアフィリエイトもあのAmazonの創業者であるジェフ・ベゾスがヒントを得て作られたものなのです。

この記事を読んでいる人に人気の記事