アップオアアウト(up or out)

アップオアアウトとは昇進か退職のことです。コンサル業界は、平均勤続年数が比較的少ないと言われています。理由としては、上昇志向が強い人が多いため、その企業で昇進できなければ退職して他の業界や企業で成長したいと考える人が多いからと言われています。そんなさまを表すことができる言葉がアップオアアウトです。今回はそんな言葉について由来や例文などを合わせて説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

アップオアアウトの意味とは

アップオアアウトの意味は昇進か退職のことです。ビジネスシーンなどにおいては企業で昇進できなければ、退職して他の企業に勤めるということもあります。そんな場合において使うことができるので覚えておけるといいと思います。

アップオアアウトの由来

アップオアアウトの由来は英単語の「up or out」にあるとされています。その言葉の通り「up or out」は昇進するかそれとも退職するかということを表しています。

アップオアアウトの文章・例文

例文1.この企業では成果を出してもすぐには評価されないので、アップオアアウトの選択について考える。
例文2.アップオアアウトというように昇進できなければ転職しようと考えている。
例文3.コンサル業界では、キャリアアップするのも早いがアップオアアウトという言葉があるように勤続年数が低いのも特徴である。
例文4.アップオアアウトという言葉からもわかるように資本主義は結果を求められる。
例文5.アップオアアウト、今後のキャリアプランについて考える。
これらからアップオアアウトは、昇進するかそれとも退職するかということを表すことができます。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アップオアアウトの会話例

  • 質問者アイコン

    このままこの企業に勤めていても、すぐには評価されないからアップオアアウトの選択を考えているよ。

  • 回答者アイコン

    そうなのかい。確かに君は優秀だからこのままいけば昇進できるだろうけど評価されないのは酷だね。

  • 質問者アイコン

    うん。それにもっと自分が成長できる環境に身を置きたいというのもあるかな。

  • 回答者アイコン

    そうなのね。じっくりと考えてみるといいと思うよ。

これは、アップオアアウトについて考えている様子です。

アップオアアウトの類義語

アップオアアウトの類義語には、「アップオアステイ」「ワークアウト」「グローオアアウト」などがあります。

アップオアアウトまとめ

コンサル業界においては個人の能力が収益の数字に大きく影響するために優秀であれば若手でも出世できることが多い特徴でもあります。そのため、活躍できれば評価されて昇進しやすいということからアップオアアウトという言葉が存在し使われるようになったと考えることができます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事