アジテーター(agitator)

アジテーターとは、扇動者のことです。多くの人がいれば、みな意見が異なるので意見をまとめる人が必要です。会社などでもみなそれぞれ役割が与えられてそれを全うしていると思います。それは会社だけでなく、学校でも同じです。社会でも同じことです。そのなかでもリーダーや社長、委員長などはみなを扇動して引っ張っていく役割です。そんな人をアジテーターといいます。今回は、そんなアジテーターについて説明していきたいと思います。

[adstext]
[ads]

アジテーターの意味とは

アジテーターの意味は、扇動者のことです。扇動者とは大衆を率いる人のことです。政治などでは多くの人の道標となって扇動することがあります。そんなときにアジテーターという言葉は使うことができるので覚えておくといいと思います。

アジテーターの由来

アジテーターは、英語で綴ると「agitator」となります。「agitator」は名詞ですが、動詞には「agitate」という言葉があり、かき混ぜるという意味があります。そのことから転じて今の意味としてアジテーターが使われるようになったと考えることができます。

アジテーターの文章・例文

例文1.歴史的な出来事には必ずアジテーターが存在するものだ。
例文2.アジテーターによってその国民はみな良からぬ方向へ扇動されてしまい、反乱が起こった。
例文3.政治で多くの人を扇動する人は、アジテーターと言われることがある。
例文4.その作中に登場するアジテーターはとても優秀で人類の繁栄のために力を尽くしていた。
例文5.アジテーターが間違った選択をしてしまえば、多くの人が困ってしまうに違いない。
これらからアジテーターという言葉は、扇動者を表すには最適な言葉です。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アジテーターの会話例

  • 質問者アイコン

    この歴史的な出来事がなければこの国は今日ここまでの繁栄はなかったよ。

  • 回答者アイコン

    本当だね。この国を正しい方向に導いてくれてた先人のアジテーターには感謝だよ。

  • 質問者アイコン

    そうだね。後世の生まれてくる子供たちのためにも僕たちができることをしないとだよね。

  • 回答者アイコン

    うん。小さなことでも世の中の役に立っていて、今も人々を支えているに違いないよ。

これは、先人のアジテーターについて話している様子です。

アジテーターの類義語

アジテーターの類義語には、「旗振り役」「音頭とり」「立役者」などがあります。

アジテーターまとめ

人は、いろんなものに触れることによって影響を受ける生き物です。それはもちろん、人の考えや意見にも影響を受けます。だから誰かの話や意見を聞いて自分の考えが変わるということはあると思います。アジテーターという人たちは、人々を共感、納得させ人々を扇動します。歴史的な出来事の裏にはアジテーターと呼ばれる人がいることも少なくないです。そういった出来事を説明するときにもアジテーターは役に立つので覚えておけるといいと思います。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事