アサイン(assign)

「アサイン」とは、「任命」や「割り当て」といった意味があります。主にビジネスシーンやコンピューター関連のITで用いられている言葉になります。例えば、新プロジェクトに任命や、役職が昇進する時などに、アサインすると使われます。それでは今回は「アサイン」について解説していきます。

[adstext]
[ads]

アサインの意味とは

「アサイン」の意味は、「任命」や「割り当て」「命じる」などです。ビジネスシーンにおいては、役職や主任、プロジェクトリーダーなどに選ばれる、任命されるという昇進やプラスの場面で用いられることが多いです。ITの場面では、コンピューター上で、ある値を変数や機能に対して割り当てる動作で用いられ、特定のキー入力をするものを“キーアサイン”と呼ばれています。

アサインの由来

「アサイン」は、英語の「assignment(アサインメント)」を、日本語で“アサイン”と短縮して使われるようになったのが由来となっています。「assignment」も任命や割り当てという意味を持っており、英語をそのままカタカナにして日本語として読まれるようになりました。

アサインの文章・例文

例文1.新プロジェクトにはぜひAさんをアサインしたい。
例文2.来月度から主任にアサインされて、身が引き締まる思いだ。
例文3.社長には最上階のホテルの部屋をアサインする。
例文4.この案件はエンジニアを5名アサインする予定である。
例文5.コンピューターのキーボードを自分が使いやすいようにアサインする。
「アサイン」を使った例文になります。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アサインの会話例

  • 質問者アイコン

    あのやり手と言われるBさんの後続にアサインされたみたいだね。

  • 回答者アイコン

    そうなの、もう知ってるんだね。

  • 質問者アイコン

    社内でも有名になっているよ。

  • 回答者アイコン

    とてもプレッシャーだけど頑張るわ。

社内で大きく昇進したことについて話をしている様子です。

アサインの類義語

「アサイン」の関連語は、「割り当て」「リリース」などです。

アサインまとめ

「アサイン」とは、任命や割り当てという意味の言葉でした。ビジネスシーンやITの場面でも用いられるので、これを機に覚えておくと良いかもしれません。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事