アウトライト取引を行う

アウトライト(Outright transaction)

「アウトライト」は金融などの専門家でもないかぎり、なかなか理解に苦しむ言葉ではありませんか? これは、外国為替取引における専門用語で実は普通の注文の事です。しかし、最近はリスク回避をする傾向が強いので、注文を行う際に条件を付けるのが前提が多くなっています。そうではない普通の注文が「アウトライト」になります。これではまだ理解できないと思うので、より詳しい解説をさせて頂きます。

アウトライトの意味とは

「アウトライト」の意味は以下の通りとなります。
(1)外国為替取引における取引手法の一つで、通常は買い戻しや売り戻しの条件を付けるのだが、それをしない単独取引となる。
(2)投資や証券用語の一つで、主に外国為替取引やFX取引で用いられる専門用語。
(3)アウトライト、又はアウトライト取引と呼ばれる。
(4)スワップ取引の反対になる。
普段投資に興味がないと、株取引ぐらいしか知らないものです。しかし、実際に金融や投資の世界に踏み入れると、株だけでなく外国為替や先物や債券なども同列の金融商品となります。その中で「アウトライン」とは、主に外国為替に対して用いる取引手法です。他にも債権などでも行われていますが、一般的であり多いのが外国為替となります。外国為替には、”直物為替取引”と”先物為替取引”の二つがあり、さらにそれぞれで「アウトライン取引」と「スワップ取引」があり、これらを組み合わせて取引をするのがプロのディーラーです。これを踏まえて、「アウトライン」とは、買い戻しや売り戻しの条件を付けない単独の取引となります。単純に買い、又は売りのポジションだけを保有するので利益も大きいが損失も大きくなる手法で、通常は短期取引で用いられます。最近はリスク回避の「スワップ取引」が好まれる傾向なので、「アウトライン」の取引量は減少しているが、他の金融商品と絡めて取引するなど様々な方法で導入されています。

アウトライトの由来

「アウトライト」は英語にすると「Outright」で、”一回限り”という意味になります。「アウトライト」の由来など詳細は不明ですが、基本的には金融の中心であるアメリカかイギリスで発祥した言葉であるはずです。「スワップ取引」に対して、反対の意味を持つ取引として誕生した側面が強く、また、日本の場合は外国為替は長く固定相場制が導入され、1973年に変動相場制に変わり、1979年に外国為替の法律が現在のものに改正された経緯があるので、少なくてもそれ以降に「アウトライト」という言葉が広まったのではないでしょうか。

アウトライトの文章・例文

例文1.アウトライトは外国為替や債券などで用いられる取引手法で、株取引ではまず聞かれない。
例文2.アウトライトの反対がスワップ取引で、現在はこちらが主流である。
例文3.FXや株などの個人投資家にとって、アウトライトはプロの専門家が用いるものと認識されている。
例文4.アウトライトはリスクが大きくなるので、今後もメジャーな取引にはならないだろう。
例文5.アウトライトとは裁量取引に限りなく近い取引となる。

「アウトライト」について解説のような文章です。

アウトライトの会話例

  • 質問者アイコン

    FX取引を始めようと思っていて…、でも難しそうだよね。

  • 回答者アイコン

    難しいから儲けも大きく、人生を変えるほど大金持ちになれるんじゃない!

  • 質問者アイコン

    そうだよね。じゃあやるしかない。アウトライトやスワップ取引を駆使して頑張るよ。

  • 回答者アイコン

    ちょっと待って!FXの場合はアウトライトやスワップ取引は使わないというか、意味がまた違ってくるよ。それらは外国為替の専門用語だから、でもスワップ取引はFXでも、また違った意味で使えるね。あーもう、とにかく専門用語をまずは少し学習した方がいいね。そこから、FXを頑張れ!

FX初心者が「アウトライト」や「スワップ取引」を間違えて使っている、という会話内容です。

アウトライトの類義語

「アウトライト」の類義語には、「裁量取引」「スポット」などの言葉が挙げられます。

アウトライトまとめ

「アウトライト」は外国為替取引などにおける取引手法の一つで、買い戻しや売り戻しの条件を付けない単独取引となります。リスク分散できる「スワップ取引」の反対となり、利益が大きくなる反面で予想が外れた時は損失も膨らむ傾向があり、最近はあまり人気がない取引手法となっています。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事