アウトブレイクに立ち向かう人たち

アウトブレイク(outbreak)

アウトブレイクとは、英語で「outbreak」と表記する「発生」というような意味を持つ言葉となっています。ウィルスに関係する言葉であることから、ゾンビが出てくるような映画やゲームではもはやお馴染みといっても過言ではない言葉です。
今回はそんな「アウトブレイク」という言葉について、深く掘り下げてみたいと思います。

[adstext]
[ads]

アウトブレイクの意味

アウトブレイクとは、厳密に言えば「限られた範囲内における感染症の大流行」を指し示した言葉です。
「out」外に出て「break」壊すという表現であるにも関わらず、範囲が限定しているのは不思議ですよね。

アウトブレイクの由来

感染症の大流行という概念は遥か昔から存在していたため、この言葉の明確な語源は不明ですが、この言葉がタイトルとして用いられた小説が1987年にロビン・クックというアメリカの作家によって作られているため、この言葉は1987年より以前から用いられてきた言葉であることが判明しています。

アウトブレイクの文章・例文

例文1.ラスベガスでアウトブレイクが発生。
例文2.インフルエンザウィルスがアウトブレイク
例文3.アウトブレイクという言葉は語感が格好いいのもあるかもしれないが、よく創作物に用いられる機会が多い言葉だ。
例文4.アウトブレイクがようやく収束した。
例文5.ネットでとあるコンテンツがアウトブレイク

アウトブレイクという言葉を使うような場面には出くわしたくはないものですよね。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

アウトブレイクの会話例

  • 質問者アイコン

    ようやく社内インフルエンザのアウトブレイクも落ち着きましたね。

  • 回答者アイコン

    ええ本当によかったです。

  • 質問者アイコン

    結局誰が一番最初にインフルエンザ持ち込んだのか、よくわかりませんでしたね。

  • 回答者アイコン

    あ、そういえばよくウチに来る取引先の佐藤さん、よく咳していましたね。

身近な場面におけるアウトブレイクはやはりインフルエンザの大流行などになると考えられます。

アウトブレイクの類義語

アウトブレイクの類義語としては、「パンデミック(pandemic)」、「感染症の集団発生(かんせんしょうのしゅうだんはっせい)」などが挙げられます。

アウトブレイクまとめ

アウトブレイクという言葉はウィルスの感染といった意味の他にも、何かが爆発的に広がる状況に対しても用いることができる言葉となっています。
例えば最近新しく始まったアニメがアウトブレイクするといった形になります。こういった使い方ができる点においては「バズる」という言葉と似たような使い方もできる言葉であると言え、言葉とは使い方や使う場面が少し変わるだけでその状況が大きく変わる点が面白いものですよね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事