ゆとり世代はオンリーワン世代

ゆとり世代

各年代などで生まれた世代を区切る言葉には色々なものがありますが、最近特に注目されてきた言葉にはゆとり世代というものがあります。こちらは政府のゆとり教育を受けた世代というものであり、それまでの詰め込み教育からの開放という意味合いもありました。しかしこのゆとり世代に関しては色々な特徴があり、ゆとり教育も賛否両論などが上がることなどもあり、21世紀の世代論を語る上で外せない要素となっています。

ゆとり世代の意味とは

ゆとり世代の意味は、2002年度から施行された学習指導要領であるゆとり教育を受けた世代という意味になります。これによって従来の詰め込み教育から、よりゆとりがあり柔軟性のある教育を受けた世代という意味になり、社会人などになると性格や特徴などが大きく違ってくることなどから賛否両論が上がることも多いです。このゆとり教育は2002年度から2010年度まで施行されましたので、年代的には1987年度から1995年度の生まれの人が該当します。

ゆとり世代の由来

ゆとり世代の由来ですが、元々この世代論に用いられるゆとりという言葉に関しては諸説があります。この世代論には政府の学習指導要領が大きく関わってくるのですが、これは1980年代において既に「ゆとりと充実」というスローガンが提唱されており、これによってカリキュラムの削減や授業内容の見直しなどがされてきました。これらの時代で教育を受けた世代をゆとり世代の由来としてみなすこともできます。しかし2002年における新たな学習指導要領の施行により、ゆとり教育という言葉がマスコミなどで多用され、これが流行をした結果ゆとり世代という言葉も生まれたとされています。

ゆとり世代の文章・例文

例文1.ゆとり世代の新社員の教育の仕方
例文2.ゆとり世代はオンリーワンを重視する
例文3.叱られることに慣れていないゆとり世代
例文4.現実的であり夢を持てない傾向のあるゆとり世代
例文5.ゆとり世代とデジタルネイティブ世代の共通点
世代論としては、やはり新社員などで独特な性格などを指して使われることが多い傾向にあります。もちろん全てのゆとり世代の人にこれらの性格や傾向が当てはまるわけではありませんが、それでも21世紀に入ってから新しい世代論として大きな区切りとなっているので、今後も色々な面から議論がされる言葉でしょう。

ゆとり世代の類義語

ゆとり世代よりも少し後に生まれた世代を「さとり世代」と言いますが、こちらは生まれた時には既にバブル経済の崩壊後の景気を体験しており、この影響から悟っている特徴があることから名付けられました。

ゆとり世代まとめ

このようにゆとり世代は特徴的な性格をしており、デジタルネイティブ世代や少子化傾向など色々な社会問題にも大きな影響をしていると考えられます。企業や会社などでもゆとり世代の新人社員などの教育に悩んでいることもあり、現在でも議論が続けられている言葉です。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事