やらなきゃ意味ないよ

2018年に大きな話題になった日大アメフト悪質タックル事件ですが、これは社会問題にもなっており、教育機関である大学にてパワハラや権力を使っての恫喝や人生を左右する発言がなされていた事が大きな問題となりました。

やらなきゃ意味ないよの意味とは

やらなきゃ意味ないよの言葉の意味としては、当時の日大アメフト部監督であった内田正人氏が選手Aに対して、相手の関西学院大学の選手に対してファーストプレイで相手選手を故意に怪我させる様に指示したとされるもので、その際に発した言葉と言われています。ただ内田氏はその発言は否定しており、選手Aと内田氏の意見の食い違いがある。

やらなきゃ意味ないよの由来

やらなきゃ意味ないよの由来は、2018年の大学アメフトの日本大学フェニックスと関西学院大学ファイターズの試合において、監督だった内田氏が発した言葉が由来と言われている。

やらなきゃ意味ないよの文章・例文

例文1.仕事はやらなきゃ意味ないよ
例文2.言い訳する前にやらなきゃ意味ないよ
例文3.やらなきゃ意味ないよの言葉の真偽は明らかになっていない
例文4.やらなきゃ意味ないよという言葉で選手はプレッシャーを受ける
例文5.痩せたいなら運動しないと!やらなきゃ意味ないよ
日本大学はこの一連の騒動で著しくイメージを損ない、今年の就活をしている学生にも大きな影響が出たと言われています。それだけ反響のある事件ですが、日本大学の根本的な改革は全く進んでいないと言われています。

やらなきゃ意味ないよの類義語

やらなきゃ意味ないよの類義語はありませんが、内田監督の言った言葉では「ルールの中で一生懸命やれ、と話している。」「まず電話が来るのかな?って」という頓珍漢な回答を連発し、メディアと国民から失笑を浴びています。

やらなきゃ意味ないよまとめ

この日大アメフト悪質タックル事件においては、内田監督が日本大学の要職にあり、周りの誰もが意見を言えない体制が出来ていた事。また就職の斡旋も含めて、大きな権力を持っており、それが悪い形で使われていた事も問題になっています。日本大学は体制の改革に真摯に取り組む事が求められます。

この記事を読んでいる人に人気の記事