ぼっち席で楽しむ

ぼっち席(ぼっちせき)

最近では、飲食店やカラオケを1人で利用するというニーズが高まってきていることから、お1人様専用の席や部屋を設ける店が増えてきています。例えばファミリーレストランの「ガスト」ではそういったニーズの高まりから、従来の複数人席を減らして、一人用の席を設ける店舗が出てきています。そんな「ぼっち席」と呼ばれるものに関して、その言葉の解説をしていきたいと思います。

[adstext]
[ads]

ぼっち席の意味

ぼっち席というのは、1人で食事等をするために設けられた座席のことです。そもそもこうした席が設けられるようになった背景としては、大人数用の席を一人で利用することへの罪悪感や、一人で食事をすることで周りの目気になるといったマイナス部分を解消することが大きな理由のようです。
お店側からしたら顧客回転率は下がる結果とはなりますが、おひとりさま席(ぼっち席)を提供しているファミリーレストラン「ガスト」では、そもそも回転率ではない観点からサービスをスタートさせているということのようです。回転率よりは顧客満足度を意識しているのではと考えられますね。

ぼっち席の由来

ぼっち席は一人ぼっちで使う席の略称であり、サービス名とは異なります。ガストのぼっち席のサービス名称としては、上述もしている「おひとりさま席」になります。

ぼっち席の文章・例文

例文1.今日は1人だし、ぼっち席でいいか
例文2.ぼっち席は居心地がいいし、仕事がはかどる
例文3.この店にもぼっち席があったらいいのになぁ
例文4.あそこのファミレスに最近、ぼっち席が設けられたらしい
例文5.うちの店にもぼっち席を導入しよう
1人で食事がしたいというようなニーズの高まりから、実際にぼっち席を導入している飲食店に対して賞賛の声が多いようです。

  • [adsmiddle_left]
  • [adsmiddle_right]

ぼっち席の会話例

  • 質問者アイコン

    最近、1人で食事に来ているお客様が多いようだね。

  • 回答者アイコン

    そうなんです。
    席がないときは、大人数用の席に案内しなければならないことも多くて。

  • 質問者アイコン

    なるほど。うちでもぼっち席を導入した方がいいかもしれないね。

  • 回答者アイコン

    そのほうがお客さんの満足度も絶対上がると思いますよ。

時代のニーズの高まりに応じて、1人向けサービスを展開する企業が増えてきているようです。

ぼっち席の類義語

1人で何かをするというのは飲食店に限った話ではなく、「1人カラオケ」「1人映画」といった過ごし方も増えてきている傾向にあるようです。

ぼっち席まとめ

ぼっち席は、実際に1人で食事をしたいという点だけでなく、「食事をしながら仕事がしたい」、「食事をしながら本を読みたい」といった食事+αのニーズにもマッチしているので、今後サービス展開が増えていくことが予想されます。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

この記事を読んでいる人に人気の記事