ふるさと納税

納税は国民の3大義務の1つですが、どうせ納めるのならより身近で役立つ形として使ってほしい。生まれ育った故郷、応援したい地域で活用されるのなら、税金を納める意義も深まるというものです。このような想いをくみ取り、活かす仕組みがふるさと納税という制度。自ら納税先を決めることで、積極的に各地の自治体を応援できる仕組みです。

ふるさと納税の意味とは

納税という名称がついていますが、実際のところは地方自治体への寄付という扱いです。自分の判断で納める自治体を決定できるため、遠く離れた故郷や援助したい地域への貢献が可能。
寄付額は、収入・家族の人数などにより上限が設定されていますが、納める金額に応じて控除が受けられます。また、その地域の名産品が返礼品としてもらえるため、人気の納税方法となっているのです。

ふるさと納税の由来

ふるさと納税は、地域格差や人口問題などで生じる、税収の不均衡を改善する提案から生まれました。いきなり制度が生まれたわけではなく、政治家による私案や研究会での議論といった前段階があったのです。
また、それだけではなく、離れてしまった故郷や頑張る過疎地域を応援したいという国民感情も後押しとなりました。このようにして環境が整っていき、2008年の国会審議を経て、ふるさと納税は正式にスタートしたのです。

ふるさと納税の文章・例文

例文1.遠く離れた故郷をふるさと納税で応援する。
例文2.ふるさと納税を節税の手段として役立てる。
例文3.ふるさと納税は返礼品も貰えるため、お得な納税手段といえる。
例文4.ふるさと納税を狙い、各自治体で返礼品競争が加熱している。
例文5.賛否両論があふれるふるさと納税について考える。
ふるさと納税は、住民税・所得税の控除も大きなメリットですが、返礼品も見逃せない大きな要素です。各自治体が寄付金を獲得するため、地域を知ってもらうため、豪華さを競う事態となっています。
あまりの過熱ぶりに国からストップがかかりましたが、2018年の時点では競争は過熱する一方。自治体を応援するという本来の趣旨から外れつつあり、制度の見直しすら検討されています。

ふるさと納税の類義語

ふるさと納税の実態は寄付行為なので、類似性でいうのなら寄付行為そのものが該当します。寄付先は、地方自治体はもちろん、難病を研究している医療機関、児童養護施設、学校法人など多種多様。返礼品はありませんが、寄付先によっては、納めた金額に応じた控除を受けらるメリットがあります。ふるさと納税と同様に、上手に活用することで社会貢献へ繋が得ることが可能です。

ふるさと納税まとめ

ふるさと納税の趣旨は、生まれ育った故郷、お世話になったり、応援したい地域への貢献にあります。控除による節税効果、豪華な返礼品によって意味合いが薄れがちですが、このこと忘れてはいけません。納税先を決めるときに、このことを少しでも考慮することで、制度の健全性が増すのではないでしょうか。

この記事を読んでいる人に人気の記事