どぶ板選挙のようす

どぶ板選挙(どぶいたせんきょ)

ニュースなどで最近取り上げられるようになったこの言葉、あなたは意味を知っていますか?どぶ板選挙と聞くと泥試合のような見ていてあまり気持ちのいいものではないように思うかもしれません。
確かに、スマートな選挙活動ではありませんが、挙動一つ一つが選挙に勝てるかを左右していることもあり、手間暇をかけたほうが地元では愛されているような気がします。それではこの「どぶ板選挙」の意味を詳しくみてみましょう。

どぶ板選挙の意味とは

どぶ板選挙とは、まめに地元の小さい集会や街頭を徒歩で回って通行人と会話し、握手をするといった選挙活動のことを言います。

どぶ選挙の由来

どぶ板とは、家の周りに張り巡らせた側溝に渡されている板のことを指します、そのどぶ板の上を歩き、直接家の人とあいさつしながら選挙活動する行為がどぶ板選挙と呼ばれる所以となりました。
それから地に足ついた選挙活動のことをどぶ板選挙と言われるようになりました。

どぶ板選挙の文章・例文

例文1.どぶ板選挙によって、当選した人は根強い人気があるように思う。
例文2.最近の選挙は挙動一つ一つに気を配り、どぶ板選挙で勝つパターンが多い。
例文3.どぶ板選挙のように一人ひとりに対してアプローチするのはあまり効率的ではない。
例文4.地元で愛されている議員は、どぶ板選挙で勝っている。
例文5.どぶ板選挙によって議員の席を勝ち取った人が、汚職で捕まっていると裏切られた気になる。
選挙活動とは、思っているよりも熾烈な戦いとなっているようです。

どぶ板選挙の会話例

  • 質問者アイコン

    議員の席を勝ち取り、必ずやこの公約を実現して見せましょう!私に清き一票を!

  • 回答者アイコン

    まあ、こんなところでも握手してくれるの?ありがとうね。これがどぶ板選挙ってやつかしら。

  • 質問者アイコン

    宜しくお願いいたします。こうして地道に通っているのは私だけです。そうです、私こそがこの地域のことを一番考えているんです。

  • 回答者アイコン

    そうねえ、どうしようかしら。今回は組会の会長に入れようかと思ってたんだけどねえ。まあどうしましょう。

どぶ板選挙を行っている議員候補は身近に感じることで票を入れたくなるかもしれません。

どぶ板選挙の類義語

どぶ板選挙の類義語とは、「公職選挙法」などがあげられます。

どぶ板選挙まとめ

このどぶ板選挙によって勝ち取った議席というのは、地元の愛が強いように見えます。選挙活動費については、最近某議員についての報道が過熱していました。
評論家によると、「いままでなんとなく許されていたことがどんどん摘発されている。」という意見もあり、まだまだ政治とお金の問題は尽きないようです。
そんな政治界ですが、ずっと若い人の選挙離れなどが問題視されています。よりよい政治経済を行えるような議員を選ぶために、選挙にいきましょう。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事