けん責にあう

けん責(けんせき)

テレビのニュース等を観ていると、大きな失敗や著しく法を逸脱した行為に対して、激しく責められるような場面を目にすることがあります。こういうことが多いのは、気持ちのいいものではありませんが、仕方ないことではありますね。こうした大きな失敗や著しく法を逸脱した行為に対して、激しく責められるような状況を指して「けん責」という言葉を使うことがあります。この言葉はどういう意味なのか、使い方や意味を解説していきたいと思います。

けん責の意味とは

けん責とは、失敗や不正に対して咎めることを指す言葉です。会社のような組織の中だと、始末書を書かせるなどがこれに当たります。いわゆる懲戒処分の中の1種に当たります。懲戒処分の中には懲戒解雇や出勤停止といった処分方法もありますが、けん責に当たるものはその中でも軽いものに分類されます。

けん責の由来

言葉自体は、魯迅が中国小説史略の中で、19世紀後半から20世紀初頭の清末の絵層を風刺的に描いた作品に対して、譴責小説と名を与えていたことがきっかけではないかとされています。

けん責の文章・例文

例文1.彼は失敗をして、けん責を受けた
例文2.今回のことはけん責を覚悟しなければならない
例文3.けん責扱いにならないように、気をつけよう
例文4.ニュースで大企業役員のけん責の話を見た
例文5.けん責になるかと思い、肝を冷やした
けん責がどれくらいの重さなのかというところは前述致しましたが、けん責を受けることによって社会的な地位にどれほどのダメージを与えるのかは人それぞれです。まずは、けん責がどのくらいの重さのものなのかを把握しましょう。そのうえで、けん責を受けないように日ごろからどうすればいいのかを考えていきましょう。
次に会話例としてもみていきたいと思います。

けん責の会話例

  • 質問者アイコン

    営業のA君が、仕事で失敗してけん責扱いらしいよ。

  • 回答者アイコン

    怖いですね。
    何をやったんですか?

  • 質問者アイコン

    詳しくは聞いてないんだけど、けん責っていうくらいだから、それなりのことなんだろうね。

  • 回答者アイコン

    こう言うのもなんですけど、私たちも気をつけましょう。

他者がその状態になって、初めて意識する言葉でもありますね。普段からけん責を意識している方は少ないのではないでしょうか。しかし、人の印象というものは日々の積み重ねで形づくられるものでもありますので、普段から気を付けることも重要なのではないでしょうか。

けん責の類義語

罰を受けるという解釈だと、「叱咤(しった)」「叱責(しっせき)」という言葉は類するものになりますし、もちろん上記で挙げた「懲戒処分」も類語に当たるかと思います。細かく挙げるなら、懲戒処分の中にどのような処罰があるか、その種類も類するものになるのではないでしょうか。

けん責まとめ

けん責の状態になるのは、良いことではありません。しかし、普段からけん責やそれ以上の状態にならないように気をつけている人はそう多くはないのでしょう。だからこそ、普段ニュースでもその類のことは目にする機会も多いです。普段の行動からけん責の状態にならないように心がけるのは大切なことではないでしょうか。このことを踏まえ、普段の行動にも気を付けていきたいですね。

言葉の手帳ロゴ

この記事が参考になったら
『いいね』をお願いします!

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事