かんばん方式

どの企業でも、在庫はできるだけ少なくしたいものですが、少しの油断で増えてしまいます。そんな在庫対策にトヨタはかんばん方式で成功しました。かんばんと在庫は関係なさそうにも思えますが、かんばん方式ってどんな方式でしょうか。

かんばん方式の意味とは

トヨタでは、在庫のムダを省くため、生産に必要な部品は在庫を持たず、必要なときに調達すればいいとする生産管理システムを発案しました。これがかんばん方式です。後工程で使う部品や半完成品を作っている前工程は、後工程の指示にしたがって、必要な時期に必要な量を準備します。こうすることで在庫を持つ必要がなくなり、コストを抑えることができるのです。後工程が前工程に出す指示書が「かんばん」と呼ばれたことからこの名前が付きました。

かんばん方式の由来

かんばん方式はスーパーマーケットを参考にしたとも言われています。スーパーでは、その日の売れ行きを見守りながら、商品が無くなりそうな陳列台だけを補充します。そうすることで、お客様のほしい商品は品切れすることなく、陳列台に不要な商品が山積みになることも防げるのです。この陳列台とお客様の関係が、前工程と後工程の関係であり、後工程が必要とされる商品(部品や半完成品)のみ前工程は準備すれば良いのです。

かんばん方式の文章・例文

例文1.かんばん方式はトヨタが考えた
例文2.かんばん方式は在庫が少なくなる
例文3.かんばん方式を真似てみた
例文4.徹底したかんばん方式を運用している
例文5.かんばん方式を見習おう
製造業や販売業にとって在庫は頭の痛い問題です。在庫がないと、緊急の生産に支障をきたし、在庫が多すぎると利益を圧迫します。そんな問題を解決するのにはかんばん方式はうってつけです。

かんばん方式の類義語

ジャストインタイム方式やトヨタ生産管理方式はまさに同義語です。類義語には適正在庫、時間指定納品などがあります。

かんばん方式まとめ

かんばん方式は在庫問題の解決には有効な方式で、現在では電子かんばん方式と言われる、さらに効率のいい方式まであるようです。ただ、問題点や疑問点がないわけでもありません。確かに、後工程だけを取ってみれば在庫はいらなくなるのですが、後工程の需要に合わせて部品や半完成品を作る前工程では、それらの材料を在庫として持っていないと、突発的な要求に間に合わせることはできないのです。前工程の負担が大きいシステムとも言えます。前工程の負担を減らす方法が見つかれば良いのですが。

この記事を読んでいる人に人気の記事