おもてなしする女性

おもてなし

「おもてなし」と聞いて皆さんは何をイメージしますか?
2013年国際オリンピック委員会の総会で日本の女性アナウンサーが日本の文化を伝える言葉として「おもてなし」と発言し、世界に広まったことは記憶に新しいでしょう。
そんな中、はやりで何となく「お・も・て・な・し」と、この言葉を使っている方も多いのではないでしょうか。
今回はそんな日本の心である「おもてなし」の意味を詳しく見ていきたいと思います。

おもてなしの意味

おもてなしとは「もてなす」の丁寧語です。お客様に対する扱いや待遇を意味する「もてなす」に接頭辞「お」がついたものです。
また、おもてなしは「表無し」、つまり表裏のない様も表します。言葉の通り、表裏がない心でお客様をお迎えする様子を表す言葉です。
通常「お」という接頭辞は丁寧語としての意味を付与する機能しかありませんが、おもてなしに限っては、接頭辞がついていてもついていなくても、独自の意味を持っています。その意味で特殊な言葉と言えるでしょう。

おもてなしの由来

「もてなす」とは「ものを持って成しとげる」ことから来ていますが、ここでいう「もの」とは形ある物だけでなく、形のない心遣いなども含まれます。
「おもてなし」の語源は平安時代、室町時代に発祥した茶道にまでさかのぼります。
茶道は単純にお茶を淹れるだけでなく、客人にふるまうところまでを作法として含んでいます。茶を今日する儀礼や方法が細かく残っており、まさに心からのもてなしを具現化した芸といえます。

おもてなしの文章・例文

例文1.特別なお客様に最高のおもてなしをする。
例文2.温かいおもてなしに感動しました。
例文3.ぜひおもてなしさせてください。
例文4.君の奥さんのおもてなしはいつも素晴らしいね!
例文5.お客様をおもてなしの心でお迎えしましょう。
このように「おもてなし」という一語で、単なる接待に加え温かみのある「心」を表すことができます。

おもてなしの会話例

  • 質問者アイコン

    今週末家へ来ないかい?うちの妻が是非にといっているよ。

  • 回答者アイコン

    いつもありがとう。あなたの奥さんのおもてなしの心には毎回感動するわ。

  • 質問者アイコン

    うちの妻は人をもてなすことが大好きなんだ。

  • 回答者アイコン

    素晴らしいわね。私も見習いたいわ。

このように、「おもてなし」は単なるサービスや接待ではなく、日本独特の心の込め方を感じられる言葉となっています。

おもてなしの類義語

似ている言葉として「接待」「サービス」などが挙げられます。
ここでは特にサービスとの違いを挙げます。
「サービス」にはもともと奴隷というニュアンスが含まれており、提供する側とされる側に一種の主従関係のようなものが生まれます。
それに対して「おもてなし」はもっと自発的な、見返りや代価を求めない対応といえます。
提供する側もされる側も喜びがある、温かなニュアンスが加わります。

おもてなしまとめ

おもてなしとは、日本人が持つ文化が作り上げた特有の言葉です。海外の人々はその精神を見ると新鮮で驚くでしょう。また、そんな日本の美しい文化に惹かれる外国人も少なくありません。

関連記事

この記事を読んでいる人に人気の記事